「コブラクラッチ」の版間の差分

編集の要約なし
: [[丸藤正道]]のオリジナル技。相手の上半身をコブラクラッチに捕らえて相手と向かい合うように体を移動させて上半身を極めたままジャンプして背中から倒れ込み、その勢いを生かして相手の体を前方へと転がして背中をマットにつけた相手の首を両足で挟み込み、相手の頚部を圧迫する。
; 刀狩
: [[秀吉 (プロレスラー)|玄海]]が秀吉の時代に開発したオリジナル技。相手をコブラクラッチに捕らえて相手の体をうつ伏せにひっくり返して相手の背中に跨ぐように腰を下ろして相手の首や背骨を締め上げる。現在は後述のコブラクラッチ・クロスフェイスと同様に相手の左サイドに腰を下ろして相手の首を締め上げている。
; 裏刀狩
: 玄海が秀吉の時代に開発したオリジナル技。相手をコブラクラッチに捕らえて相手の体をうつ伏せにひっくり返して相手の背中に跨ぐように腰を下ろして相手の首や背骨を捕らえて相手の体を横方向へと転がして仰向けにひっくり返った相手の胴体を両足で挟み込み、相手の体を締め上げる。
; 零式刀狩
: 玄海が秀吉の時代に開発したオリジナル技。相手の上半身をコブラクラッチに捕らえて自身の体を左方向へと軽く捻って相手と顔を向き合わせる体勢になって背中から倒れ込みつつ相手の胴体を両足で挟み込み、相手の頚動脈を圧迫する。