「メリー・ウィドウ」の版間の差分

({{Otheruseslist|オペレッタ|映画|メリィ・ウィドウ|カクテル|メリー・ウィドウ (カクテル)}})
* [[グスタフ・マーラー]]も興味を示したが、彼はオペレッタの公演に足を踏み入れるのは気恥ずかしかったため、楽譜店で他作品の楽譜に混ぜて『メリー・ウィドウ』の楽譜を購入したという。
* [[アドルフ・ヒトラー]]がこの作品を好み、レハールはヒトラーに[[総譜|スコア]]を送った。レハールは妻がユダヤ人であったにもかかわらず、ヒトラーの厚い庇護を受けた。このことが戦後、一転してレハールを苦しめることとなった。後に[[ドミートリイ・ショスタコーヴィチ]]が、[[交響曲第7番 (ショスタコーヴィチ)|交響曲第7番]]において「ダニロの歌」の旋律を引用しており、これはヒトラーを揶揄したものという説もある。さらに、[[バルトーク・ベーラ]]が[[管弦楽のための協奏曲 (バルトーク)|管弦楽のための協奏曲]]において、このショスタコーヴィチの引用を再引用している。
* アルフレッド・ヒッチコック監督の映画「疑惑の影(Shadow of a Doubt)」(1943年)の中ではこのメリーウィドウの曲が話のタネになっている。
 
== 参考文献 ==
匿名利用者