「中嶋勝彦」の版間の差分

編集の要約なし
| 所属 = [[プロレスリング・ノア]]
| スポーツ歴 = [[空手道|空手]]
| トレーナー = [[佐々木健介マサ斎藤]]<br />[[マサ斎藤長州力]]<br />[[長州力佐々木健介]]
| デビュー = [[2003年]][[9月6日]]
| 引退 =
}}
 
'''中嶋 勝彦'''(なかじま かつひこ、[[1988年]][[3月11日]] - )は、[[日本]]の[[プロレスラー]]。[[福岡県]][[福岡市]]出身妻は元タレント[[愛知県]][[江南市]]育ち。元新体操選手・元タレントの[[飯作あゆり]]は妻。[[プロレスリング・ノア]]所属。
 
[[佐々木健介]]と[[北斗晶]]の子供たちからは「'''かつにい'''」と呼ばれ慕われた。リング上では負けん気が強く、喜怒哀楽を表すファイトぶりを見せる。
 
== 来歴 ==
=== デビュー前 - デビュー - WJプロレス時代 ===
5歳から母子家庭で育った。小学校3年生より[[璞名館]]で[[空手道|空手]]を始め、中学1年生の時に全国空手道大会([[極真会館]]松井派主催)で優勝する。この頃[[前田日明]]の目に留まり、卒業後の[[リングス]]へ入団を約束されるがそれを待たずにリングスは解散となった。
 
しかし2004年3月、WJ崩壊に伴い退団となった。母子家庭<!--中嶋には兄・妹がいる-->の中嶋にとっては、WJに「保険制度(保険会社の保険を指すのかプロレス興行会社としての負傷欠場中の保険=生活補償金を指すのかは不明)」が無いことが退団原因の1つであった。中嶋は一旦実家に帰ったが、元WJの[[佐々木健介]]に弟子入りした。
 
=== 健介オフィス / ダイヤモンド・リング時代 (2004年4月〜) ===
2004年4月より[[ダイヤモンド・リング (プロレス)|健介office]]に所属する。以後中嶋は'''健介ファミリー'''の「息子」という[[ギミック (プロレス)|ギミック]]を得て、健介の付き人をこなしつつ各団体へも参戦した。試合を重ねるにつれ個人の評価も上がり、単独参戦も増加していった。なお、当時中嶋が上がるリングは「必ず保険を団体もしくは主催興行会社が掛けてくれること」を最低条件として健介の妻の[[北斗晶]]が交渉した。
 
10月5日、[[横浜文化体育館]]において、KENTAの保持する[[GHCヘビー級王座]]に初挑戦し壮絶な打撃戦を展開したが、最後はgo2sleepに敗れた。
 
=== フリーランス〜 - プロレスリング・ノア時代 (2014年2月〜) ===
2014年2月11日、師匠・健介にシングルで初勝利する。その後健介が引退を表明したため、結果的に健介から引導を渡す形になった。また、健介の引退と同時にダイヤモンド・リングはプロレス団体としての活動を休止する。中嶋は活動休止後の唯一のダイヤモンド・リング所属選手となり、事実上のフリーランスの扱いで、これまで通り主戦場としていたプロレスリング・ノアへ継続参戦する<ref>{{Cite news |title=勝彦以外は退団、DR事実上の休眠へ |url=http://www.daily.co.jp/ring/2014/03/05/0006753008.shtml |newspaper=デイリースポーツ |date=2014-03-05 }}</ref>。