「マルクス・アティリウス・レグルス (紀元前294年の執政官)」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
 
レグルスは[[紀元前295年]][[センティヌムの戦い]]([[サムニウム戦争#第3次サムニウム戦争|第三次サムニウム戦争]])において、勝利のために「自らを犠牲として神に捧げた」<ref>[[ティトゥス・リウィウス]]『[[ローマ建国史]]』、X 26-30</ref>プレブス出身の[[プブリウス・デキウス・ムス (紀元前312年の執政官)|プブリウス・デキウス・ムス]]の後任として、翌年の執政官に就任した。
 
紀元前294年、執政官としてレグルスは[[サムニウム]]および[[アプリア|プッリャ州]]と戦い、インテラムナ([[:en:Interamna Praetutiana|en]])で勝利した。[[ティトゥス・リウィウス]]は[[凱旋式]]の実施は[[元老院]]から拒否されたとしているが<ref>[[ティトゥス・リウィウス]]『[[ローマ建国史]]』、X 32-33、35-36</ref>、[[凱旋式のファスティ]]にはレグルスが凱旋指揮を実施したと記録されている<ref>[http://www.attalus.org/translate/fasti.html#p100 ''Fasti triumphales'']</ref>。
 
==一族==
レグルスは、[[第一次ポエニ戦争]]の悲劇の将軍として知られる同名の[[マルクス・アティリウス・レグルス]]の父親として有名であり、おそらく[[紀元前257年]]と[[紀元前250年]]に執政官をめた[[ガイウス・アティリウス・レグルス・セッラヌス]]も息子である。少なくとも孫のうち二人が執政官に就任している。[[クィントゥス・ファビウス・マクシムス・ルリアヌス]]の親戚である[[アウルス・アティリウス・カラティヌス]]は父方の親戚である。
 
==参考資料==