「李奉昌」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: モバイル編集 モバイルアプリ編集 Androidアプリ編集
昭和37年([[1962年]])、李奉昌は大韓民国政府([[朴正煕]][[軍事政権]]時代)から[[勲章#大韓民国|建国勲章]]大統領章(2等級)を追叙された。
 
[[平成]]4年([[1992年]])には逝去没後60年を記念する百ウォン[[切手]]が発行され、絵柄に採用された<ref>笑顔の最後の写真とされるものをもとにしたが、現在では韓国でもこの写真は明らかに合成であるとされるので、顔の部分のみだけを用いる「絵」が利用された。</ref>。韓国の小学校歴史教科書では義士として讃える記述が1ページあり<ref>{{Citation |和書|last=|first=|editor=韓国教育開発院|year =1998| title =わかりやすい韓国の歴史 : 国定韓国小学校社会科教科書|publisher=明石書店|isbn=4750310247}}</ref>、[[独立記念館 (韓国)|独立記念館]]で顕彰されている他、[[大韓民国指定史跡]]第330号{{仮リンク|孝昌公園|ko|효창공원}}([[ソウル特別市]][[龍山区 (ソウル特別市)|龍山区]])にも像と墓が建てられている。この公園は、平成11年(1999年)4月16日に訪韓した[[小沢一郎]](当時[[自由党 (日本 1998-2003)|自由党]]党首)が表敬訪問し、李奉昌が祀られた独立三義士墓に参拝した<ref>[https://web.archive.org/web/20010713113406/http://members.kr.inter.net/fukano/news/korea_just_now/news990415_3.html 小沢・日 自由党首白凡墓参拝する あす訪韓 日本大物政治家としてははじめて]</ref>。
 
韓国では『李奉昌義士記念事業会』が、定期的に追慕式を行っており、平成24年([[2012年]])の80周年にも白凡記念館で記念式典が行われたが、[[李明博]][[大統領 (大韓民国)|大統領]]による[[韓国による天皇謝罪要求|天皇謝罪要求]]の直後であったためにほとんど報道されなかった。
匿名利用者