「ジャンヌ・ダルク列聖」の版間の差分

解消済み仮リンク クォータリー・レビュー の内部リンク化 ほか
(解消済み仮リンク クォータリー・レビュー の内部リンク化 ほか)
ゴワの作品は1855年にドフィーヌ広場へ移転され<ref>[http://vanderkrogt.net/statues/object.php?webpage=ST&record=frce064 "Orleans: Jeanne d'Arc guerrière"] ''vanderkrogt.net'' March 25, 2017</ref>、デニス・フォヤティエによるジャンヌ像に置き換えられた<ref>[http://vanderkrogt.net/statues/object.php?webpage=ST&record=frce061 "Orleans: Jeanne d'Arc"] ''vanderkrogt.net'' March 25, 2017</ref>。
 
最初の全編のジャンヌの伝記はニコラス・レンゲル・デュ・フレノワとクレマン・シャルル・フランソワーズ・デ・ラヴェルディと認められているが、数人のイングランドの著者は皮肉なことに彼女の列聖に繋がる動きを引き起こした。ハーバード大学の英文学科のハーシェル・ベイカー教授は、リバーサイド・シェイクスピアのためのヘンリー6世への紹介で、ウィリアム・ワーバートンの驚異的な描写は、ヘンリー6世(パート1)のジョアンの描写である、そして、エドモンド・マローンは、でシェイクスピアがその作家に手を貸していないことを証明するために、「ヘンリー6世の3つの部分についての論文」(1787)で探究した(1974; p.587)。チャールズ・ラムは、ロバート・サウスのジャンヌ・ダルクの一部である「国の運命」の最初の草稿でジャンヌを「ポット・ガール」に縮小したサミュエル・テイラー・コリッジを批判した。ジャンヌはマホン卿による「{{仮リンク|ザ・[[ータリー・レビュー|en|Quarterly Review}}]]」のための<ref>[https://books.google.com/books?id=1XYBAAAAQAAJ&pg=PA25&dq=Philip+Stanhope+joan+of+arc&hl=en&sa=X&ved=0ahUKEwi0y-yeuNHRAhUL-GMKHQNXBcoQ6AEIHzAB#v=onepage&q=Philip%20Stanhope%20joan%20of%20arc&f=false ''Joan of Arc: Reprinted From Lord Mahon's Historical Essays''] [[John Murray (publisher)|John Murray]] (1853) [[Google Books]] January 20, 2017</ref>、そして、[[トマス・ド・クインシー]]による「{{仮リンク|タイトズ・エジンバラ・マガジン|en|Tait's Edinburgh Magazine}}」のための<ref>[https://books.google.com/books?id=B7Q0AAAAMAAJ&pg=PA15&lpg=PA15&dq=DOMR%C3%89MY+15th+century+map&source=bl&ots=FQLMqf1Qtw&sig=NF6SqVkU1Ie3vBxLtbMa-z15br0&hl=en&sa=X&ved=0ahUKEwj1_NmGs9HRAhVS0GMKHYelBtkQ6AEIKTAF#v=onepage&q=DOMR%C3%89MY%2015th%20century%20map&f=false "Selections" ''English Classic Series #69'']; Maynard, Merrill & Co. (1892), pps. 9-41 [[Google Books]] January 20, 2017</ref>エッセイの主題であった。
 
1890年、イギリスで設立された{{仮リンク|ジャンヌ・ダルク教会|en|St Joan of Arc's Church, Farnham}}は、ジャンヌに捧げられている。
 
=== 20世紀 ===
だが、聖人への道は順調に進まなかった。1902年8月20日、(ローマ教皇による枢機卿の正式な会合){{仮リンク|教会会議|en|Papal consistory|FIXME=[[:ja:教会会議]]は[[:en:Synod]]とリンク}}は[[聖人暦]]にジャンヌを加えることを拒否した。
{{quotation|「ジャンヌは[[パリ包囲戦 (1429年)|パリ包囲戦]]を[[聖母マリア]]の誕生日に開始した。彼女の捕縛は、「彼女が神から送られたという彼女の主張は虚偽だった」という「証明」である。彼女は牢から脱出しようとした。死で脅かされた後の彼女の悔悛。そして、彼女の潔白に対する疑い。」|<ref>[https://newspapers.library.in.gov/cgi-bin/indiana?a=d&d=IJ19020907.1.24 "Was Not Made a Saint: Why Consistory Refused to Canonize Joan of Arc"] ''[[Indianapolis Journal]]'' (7 September 1902), p. 12 ''newspapers.library.in.gov'' 25 March 2017</ref><ref>[https://books.google.com/books?id=srRCAQAAIAAJ&pg=PA612& "Joan of Arc Not to be Canonized"] ''[[Harper's Weekly]]'' (11 April 1903) Vol. XLVII; No. 2416, p. 610 [[Google Books]] 25 March 2017</ref>}}