「石井忠義」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
| 妻 = 正室:[[金持保広]]の娘
| 子 = [[石井忠清|忠清]]、[[石井忠繁|忠繁]]、[[石井義昌|義昌]]、[[石井忠本|忠本]]、[[石井兼清|兼清]]
| 特記事項 =『石井系譜』([[佐賀県立図書館]]鍋島家文庫所蔵)によれば、[[文明 (日本)|文明]]2年([[1470年]])8月7日に88才で死去したとされるが<ref>[[佐賀県立図書館]]鍋島家文庫所蔵『石井系譜』の忠義の項に記載</ref>、誤りと推測されている。
}}
 
'''石井 忠義'''(いしい ただよし)は、[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]の[[武将]]。[[九州千葉氏]]および[[龍造寺氏]]の重臣<ref>[[多久市]]立郷土資料館所蔵『水江臣記』の石井氏の項に、忠義が[[龍造寺康家]]に初めて奉公したとある</ref>。[[石井忠保|石井式部大輔忠保]]の嫡男。[[肥前国]][[佐賀郡|佐嘉郡]][[佐嘉飯盛城|飯盛城]]主。
 
==来歴==