「石原裕次郎」の版間の差分

m
内部リンク等
(→‎ケガ・病気の遍歴: 死去と没、同じ意の語をくりかえしている。新聞や、他の百科事典では○○歳没という言い方はしていない。)
m (内部リンク等)
| その他の賞 = [[日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞|石原裕次郎賞]](追悼創設)<br />[[映画の殿堂]](1990年)<br />[[毎日映画コンクール]](特別賞:死後)
}}
'''石原 裕次郎'''(いしはら ゆうじろう、[[1934年]]([[昭和]]9年)[[12月28日]] - [[1987年]]([[昭和]]62年)[[7月17日]])は、[[昭和|昭和時代]]を代表する[[俳優]]、[[声優]]、[[歌手]]であり、[[司会]]者や[[モデル (職業)|モデル]]といった[[マルチタレント]]。[[実業家]]・[[ヨットマン]]としても活動していた。[[身長]]178cm、[[ABO式血液型|血液型]]はA型。愛称は'''タフガイ・裕ちゃん・ボス・ユージロー'''。[[石原プロモーション]]元代表取締役社長(初代)兼会長。
 
兄は[[政治家]]で[[作家]]の[[石原慎太郎]]。
== 来歴 ==
=== 概要 ===
[[兵庫県]][[神戸市]][[須磨区]]で生まれ、[[北海道]][[小樽市]]、[[神奈川県]][[逗子市]]に育つ。父・石原潔([[山下汽船]]社員)は[[愛媛県]]、母・光子は[[広島県]][[宮島町|宮島]]の出身<ref>{{Cite web |url=http://www.tv-asahi.co.jp/mother/contents/100/backnumber/20224.html |title=石原慎太郎・裕次郎の母 〜時代の寵児を育んで〜 |work=グレートマザー物語 |publisher=テレビ朝日 |date=2002-02-24 |accessdate=2016-10-09 |archiveurl=https://web.archive.org/web/20021202203720/http://www.tv-asahi.co.jp/mother/contents/100/backnumber/20224.html |archivedate=2002-12-02}}</ref><ref>[[佐野眞一]]『てっぺん野郎─<span style="font-size:90%;">本人も知らなかった石原慎太郎</span>』([[講談社]] 2003年)</ref>。
 
マリア幼稚園(現在の[[小樽藤幼稚園]])卒園、[[小樽市立稲穂小学校|稲穂国民学校]]時代に[[競泳]]や[[天狗山 (小樽市)|天狗山]] で[[スキー]]に親しむ。[[逗子市立逗子中学校|逗子中学校]]時代からは[[バスケットボール]]に熱中した。その後、[[慶應義塾高等学校]]を目指すが受験に失敗し、[[慶應義塾志木高等学校|慶應義塾農業高等学校]]に籍を置くが、[[1951年]]に慶應義塾高等学校に編入学。卒業後は[[慶應義塾大学]][[法学部]][[政治学科]]に内部[[進学]]するが、[[放蕩]]生活に明け暮れる。
 
=== ケガ・病気の遍歴 ===
* 1952年 - バスケットボール最中に左足膝に大ケガ。
* 1956年 - この頃まで、酒とたばこと女に溺れる日々を送る。幼少時代から[[肝臓]]は悪かったといわれている([[在籍者 (学習者)|高校生]]の頃に[[黄疸]]を発症したことがある)。
* 1957年 - [[自由が丘]]で[[無免許運転]]し右足[[打撲]]。また映画ロケ中にデッキチェアーに手を挟み右手薬指負傷。
* 1984年 - [[肝癌|肝臓癌]]が発覚し、倦怠感・[[腰痛]]の末、原因不明の発熱にいたる(前の定期健診で[[肝細胞癌]]と診断されるが、裕次郎本人には最期までガン告知せず)。
* 1986年5月 - 高熱が続くため慶應義塾大学病院に入院。[[高血圧治療薬|血圧降下剤]]の副作用による肝内[[胆管炎]]と診断。7月に退院後はハワイで静養。
* 1987年4月20日 - ハワイから急遽帰国、直後に慶應義塾大学病院へ検査入院<ref group="注釈">この時石原を治療したチームの中に、後に[[オウム真理教]]に入信し[[地下鉄サリン事件]]などを引き起こした[[林郁夫 (オウム真理教)|林郁夫]]がいた。</ref>。5月2日に一旦退院した([[カテーテル]]治療)ものの、3日後に再入院、その後容態悪化(高熱)、ついには[[幻覚]]症状([[肝性脳症]])を発する。その後意識不明状態が続き、7月17日15時43分、一旦医師が臨終を告げ、7分後心停止するも、酸素吸入により一度は心拍が再開する。しかし16時26分再度心停止、そのまま肝細胞癌のため死去。52歳だった。
 
== エピソード ==
{{出典の明記|date=2016年10月|section=1}}
* [[1960年]]、日本の芸能界で初めて[[記者会見]]を開いた<ref>有吉弘行&劇団ひとり&ビビる大木の天才リトル(2014年3月30日、[[フジテレビジョン|フジテレビ]]){{出典無効|title=検証不可能|date=2016年10月}}</ref>{{出典無効|title=検証不可能|date=2016年10月}}。当時は同じ映画会社の所属でスター同士の恋愛がタブーだった時代で、マスコミに騒がれたことに嫌気を差して後の妻まき子である北原三枝とともにアメリカに逃れていたが、元日活社長[[堀久作]]の説得に応じ帰国、[[東京国際空港|羽田空港]]の控え室で会見に応じたのが記者会見の第一号とされる。ちなみに芸能界の記者会見の第二号も、その10ヶ月後に開いた二人の結婚会見だとされる。
* [[1961年]]の大けがの際、[[赤木圭一郎]]の訃報の直後に入院していたため、[[アメリカ合衆国による沖縄統治|アメリカ支配権下時代]]の[[琉球政府沖縄県|沖縄]]の[[琉球放送]]が偽の訃報を流すというハプニングがあった。
* [[1965年]]には[[國粹会]]の[[拳銃|ピストル]][[密輸]]事件に絡み家宅捜索を受け、後に[[銃刀法]]違反で有罪となる。
* 甥の(兄・慎太郎の三男)[[石原宏高]]を養子にしたがっていたとも伝えられる。
* 毎年正月には石原プロモーション所属俳優や交友のある有名人とともに[[ハワイ州|ハワイ]]で過ごすのが恒例となっており、その様子は正月特番でも放映された。'''「正月をハワイで過ごす芸能人」'''の先駆けとなった人物でもある。
* 志賀高原スキー場での負傷後、療養を兼ねて信玄の[[隠し湯]]として知られる[[下部温泉]]「[[下部ホテル]]」の別館に妻とともに滞在していた。この別館は裕次郎によって「裕林亭」と名付けられ、現在も客間として提供されている。
* 主演した『[[赤い波止場]]』は[[ジャン・ギャバン]]主演の、日本で特に人気が高いフランス映画の名作『[[望郷 (1937年の映画)|望郷]]』が元ネタである。『[[赤い波止場]]』のリメイクである[[渡哲也]]主演の『[[紅の流れ星]]』も『望郷』を手本にしている作品であるが、主人公像はギャバンではなくてゴダール『[[勝手にしやがれ (映画)|勝手にしやがれ]]』の[[ジャン・ポール・ベルモンド]]がモデルである。これは国民的ヒーローのギャバン=裕次郎と、アウトローなベルモンド=渡という主演スターのイメージや個性・持ち味の違いからきている<ref>[[洋泉社]] 2016年11月『[[映画秘宝]]コレクション 完全版アナーキー日本映画史1959-2016』75p</ref><ref>「[[キネマ旬報]]オールタイムベスト 映画遺産200」。2009。同書160pの『紅の流れ星』の解説より</ref>。
* 1962年、渡米した時「夢の渚」を撮影中のエルビス・プレスリーと対面した。2人が談話している写真が残されている。
* 兄、慎太郎が政界入りすると慎太郎の応援演説を行った。また[[自由民主党 (日本)|自民党]]の[[橋本登美三郎]]は裕次郎を慕っており[[石原プロモーション]]が抱えていた借金を全額肩代わりするから[[参議院議員通常選挙|参議院選挙]]に出馬しないかと要請したが裕次郎は断っている。
 
=== その他 ===
15,026

回編集