「トビムシ目」の版間の差分

跳躍no
(生活史を新設)
(跳躍no)
|目=トビムシ目 [[w:Collembola|Collembola]]}}
 
'''トビムシ目'''(トビムシもく; Collembola)は、原始的な[[昆虫]](とみなされている)の群である。よく飛び跳ねるものが多いので、この名がある。森林[[土壌]]中では平方メートルあたり数万個体と極めて高い密度に達する。トビムシ目は、原始的な[[昆虫]]の1つの群と見なされている。基本的な構造には昆虫と共通する点が多いからであるが、跳躍器や粘管などの独特の器官をもち、触覚に筋肉があるなど特異な特徴をもつ。このため昆虫綱にいれるべきかどうかという点については議論がある。近年は分子的手法による系統推定により、トビムシ目よりも甲殻綱のほうが有翅昆虫に近縁であるとする研究者もいる。
 
== 形態 ==
トビムシ目は、原始的な[[昆虫]]の1つの群と見なされている。基本的な構造には昆虫と共通する点が多いからであるが、跳躍器や粘管などの独特の器官をもち、触覚に筋肉があるなど特異な特徴をもつ。このため昆虫綱にいれるべきかどうかという点については議論がある。近年は分子的手法による系統推定により、トビムシ目よりも甲殻綱のほうが有翅昆虫に近縁であるとする研究者もいる。
 
== 形態 ==
様々な形のものがあり、例外は多いが、一般には長い[[触角]]を持ち、体は細長く、[[胸部]]3節には各1対、計3対の足がある。これらの点は、昆虫の標準的な構造である。特殊な点としては、通常の昆虫では腹部に11の体節があるのに対して、トビムシでは6節しかない。また腹部下面にはこの目の旧名の元になった腹管(粘管)という管状の器官がある。これは体内の浸透圧を調整する機能を持つといわれている。また、腹部末端第4節には2又になった跳躍棒状の器官がある。この器官は叉状器(または跳躍器)と呼ばれ、普段は折り曲げて腹部下面に寄せられ、腹面にある保持器によって引っかけられている。捕食者などに遭遇した際にはの叉状器はずれると筋肉の収縮によって叉状器が伸びり後方へと勢いよく振り出されトビムシは大きくはねジャンプして逃げることができる。
 
世界で3000種以上記載されており、日本国内では14科103属約360種が報告されている。分類は形態的特長によって行われている。
匿名利用者