「再臨待望運動」の版間の差分

編集の要約なし
{{Otheruses|アメリカの再臨待望運動|日本の再臨運動|再臨運動}}
[[Image:William Miller.jpg|150px|thumb|[[:en:William Miller (preacher)|ウィリアム・ミラー]]]]
'''再臨待望運動'''(さいりんたいぼううんどう、Adventism)とは、[[イエス・キリスト]]の[[再臨]]を待望(アドベント)した運動であり、19世紀前半に起こった第2次再臨待望運動を背景として、[[セブンスデー・アドベンチスト教会]]が起こった。彼らはアドヴェンティスト(Adventist)と呼ばれ、[[:en:William Miller (preacher)|ウィリアム・ミラー]]の伝統の線にある。ミラーはキリストの再臨を1843年と特定し、再臨待望集会は100以上の場所で開かれ、熱狂的な雰囲気であった。ミラー派に加わった牧師・教会員たちは(異端として)自分たちの教会から追放され、[[エレン・グールド・ホワイト|エレン・G・ホワイト]]は所属していたメソジスト教会から(異端として)教籍を剥奪される結果を招いた。しかし1844年になっても再臨は起こらなかったため、待っていた人々の失望は大きく、グループからの離脱者も少なくなかった。その後、[[セブンスデー・アドベンチスト教会]]は「1843年にキリストは天の聖所に再臨した」のであり、「(地上への)再臨ではなくキリストが天の聖所において新しい奉仕を始められたことを意味する」とし、日時は正しく場所が違っただけであり「預言は成就した」と説明した<ref>[[尾形守]]『[[異端見分けハンドブック]]』プレイズ出版</ref><ref name="sokoga">白石尚『そこが知りたいSDA 57のQ&A-現代のセブンスデー・アドベンチスト教会』福音社[[2007年]]</ref><ref name="yamagata">山形正男『エレン・ホワイト-その生涯とメッセージ- 』, 福音社, 2010年</ref>。
 
==脚注==