「コブラクラッチ」の版間の差分

転載の疑いのある記述の修正
(転載の疑いのある記述の修正)
'''コブラクラッチ'''(''Cobra Clutchclutch'')は[[プロレス技]]の一種である。[[日本極技]]に分類される(詳細に[[絞め技]]、[[締め技]]、[[関節技]]などの要素がある)。'''毒蛇絞め'''(どくじゃじ'''締'''、'''毒蛇固め'''とも呼ばれる。腕極め式[[裸絞|スリーパーホールド]]
 
== 概要 ==
以下は便宜上、右利きの選手による掛け方の手順で説明するが、レスラーによっては左右逆の掛け方も使用される。
相手の背後に自身の体を回り込ませて左手で掴んだ相手の左腕を相手の顎の下に持っていって、相手の右首筋に自身の右腕を巻きつけて相手の左手首を右手で掴み直して自由になった左手を相手の首と左腕の間にある隙間に下から差し込み、左手で自身の右手首を掴み、相手の体を左右に揺すって首に絡みつかせた腕で相手の頚部を圧迫する。
 
相手の後方から左手で相手の左手首を掴み、左腕を首下へ巻きつけるように通し、相手の後側の首筋から通した自分の右手に持ち替え固定する。自分の左腕を、固定した相手の左腕と首の隙間に差し込み固定し、相手の首を絞め上げる。選手によって左腕の差し込み方が異なり、相手の上腕側から差し込み固定するパターン([[サージェント・スローター]]、[[テッド・デビアス]]など)と、相手の下腕側から差し込み自分の右手首を掴んで固定するパターン([[マッドドッグ・バション]]など)が存在する。単に絞め技として使用されるだけでなく、腕を極められているため受け身を取りにくいことを利用してこのクラッチから派生した投げ技が多く開発されている。古くから[[ヒール (プロレス)|ヒール]]レスラーの定番フィニッシュ・ホールドとして使用されているが、現在は派生技を中心に[[ベビーフェイス (プロレス)|ベビーフェイス]]のレスラーにも使い手が多い。
古くから[[ヒール (プロレス)|ヒール]]のレスラーが[[フィニッシュ・ホールド]]として用いているが、現在は[[ベビーフェイス (プロレス)|ベビーフェイス]]のレスラーも派生技を中心に使用している。
 
== 主な使用者得意とする選手 ==
主要な人物のみ記載
* [[マッドドッグ・バション]]
* [[ブラックジャック・ランザ]]
* [[タイガー・ジェット・シン]]
* [[ビル・イーディー|マスクド・スーパースター]]
* [[サージェント・スローター]]
* [[ビル・イーディー|マスクド・スーパースター]]
* [[テッド・デビアス]] - '''ミリオンダラー・ドリーム'''の名称で使用
* [[マイク・カーシュナー|コーポラル・カーシュナー]]
* [[ストーン・コールド・スティーブ・オースチン|ザ・リングマスター]] - デビアスがマネージメントしていたことから、同じく'''ミリオンダラー・ドリーム'''の名称で使用。
* [[シッド・ビシャス]]
* [[マイク・ジョーンズ (プロレスラー)|バージル]] - デビアスのボディーガードだったことから、同じく'''ミリオンダラー・ドリーム'''の名称で使用。
* [[ストーン・コールド・スティーブ・オースチン|ザ・リングマスター]] - デビアスがマネージメントしていたことから、同じく'''ミリオンダラー・ドリーム'''の名称で使用。
* [[ダニー・クロファット]]
 
== 派生技 ==
=== 極め技 ===
; キングコブラホールド
; [[バックブリーカー#ジャイアント・バックブリーカー|ジャイアント・バックブリーカー]]
: 胴絞め式のコブラクラッチ。[[大谷晋二郎]]のヘビー級転向後のフィニッシュ・ホールドのひとつ。派生用法にキング・コブラ・ホールドがある。[[秀吉 (プロレスラー)|秀吉]]はコブラクラッチから相手の体を半回転させ胴絞めを加える変型の'''零式刀狩'''を使用している。
: [[ジャイアント馬場]]のオリジナル技。相手の上半身をコブラクラッチの要領で捕らえて左膝をつき、後ろに仰け反らせた相手の背中を立てた右腿の上に乗せて相手の体を痛めつける。
; コブラストングルッチ・クロスフェイス
: コブラクラッチと[[クロスフェイス]]の複合技でうつ伏せの相手の首をサイドからコブラクラッチに捕らえ、上体を反らせつつ絞め上げる。[[ブライアン・ダニエルソン]]の得意技。大谷晋二郎は腕のクラッチの仕方が異なる変型の'''キングコブラ・ホールド'''を使用している。
: [[北原光騎]]のオリジナル技。相手の上半身をコブラクラッチの要領で捕らえて相手の右足の内側に自身の右足を正面から引っ掛けて、相手の首や脇腹を痛めつける。
; コブラホー・ストラング
: [[大谷晋二郎北原光騎]]のオリジナル技でコブラクラッチと[[コブラツイスト]]の複合技。相手をコブラクラッチに捕らえて背中から倒れ込み、相手の胴体両足で挟み込み極めつつ相手コブラツイストように足を絡めて脇腹上げつける。
; キングコブラホールド
: 大谷晋二郎のオリジナル技。うつ伏せになった相手の左サイドに腰を下ろして相手の上半身をコブラクラッチの要領で相手の左腕を自身の両手でロックして相手の背中を反り上げると同時に首を締め上げる。
; コブラクラッチ式三角絞め
: [[丸藤正道]]のオリジナル技。相手の上半身をコブラクラッチに捕らえて相手と向かい合うように体を移動させて上半身を極めたままジャンプして背中から倒れ込み、その勢いを生かして相手の体を前方へと転がして背中をマットにつけた相手の首を両足で挟み込み、相手の頚部を圧迫する。
; 刀狩
: [[秀吉 (プロレスラー)|玄海秀吉]]が秀吉時代に開発したオリジナル技。相手をコブラクラッチに捕らえて相手と[[キャメルクラッチ]]体を、複合技。うつ伏せの相手ひっく馬乗返しになっ相手の背中コブラクラッチ跨ぐように腰捕らえ、上体下ろ反らして相手の首や背骨を締め上げる。現在はその、上述のコブラクラッチ・クロスフェイスと同相手の左サイドに腰を下ろして相手の首を締め上げている改良された
; 裏刀狩
: 玄海が秀吉の時代に開発したオリジナル技。相手をコブラクラッチに捕らえて相手の体を、うつ伏せにひっくり返して相手の背中に跨ぐように腰を下ろして相手の首や背骨を捕らえて相手の体を横方向へと転がして仰向けにひっくり返った相手の胴体を両足で挟み込み、相手の体を締め上げる。
; 零式刀狩
: 玄海が秀吉の時代に開発したオリジナル技。相手の上半身をコブラクラッチに捕らえて自身の体を左方向へと軽く捻って相手と顔を向き合わせる体勢になって背中から倒れ込みつつ相手の胴体を両足で挟み込み、相手の頚動脈を圧迫する。
; 刀狩・改
: 玄海が秀吉の時代に開発したオリジナル技。相手にでコブラクラッチと[[ステップオーバー・トーホールド・ウィズ・フェイスロック|STF]]を仕掛けて体を痛めの複合技。うけて腕伏せ力が緩んだのを見計らって相手の上半身足をステップオーバー・トーホールドで極め首をコブラクラッチ捕らえる。
; [[バックブリーカー#ジャイアント・バックブリーカー|ジャイアント・バックブリーカー]]
; 刀狩・極
: [[ジャイアント馬場]]のオリジナル技でコブラクラッチと[[バックブリーカー]]の複合技。たった状態でコブラクラッチを極めたまま相手を反らせながら座り込み、自らの片膝を立たせて、その膝に相手の背中を当てて締め上げる。馬場の他には、[[太陽ケア]]や[[井上雅央]]、[[渕正信]]などの馬場の弟子筋に使用者が多い。
: 玄海が秀吉の時代に開発したオリジナル技。うつ伏せになった相手の左腕を[[クリップラー・クロスフェイス]]の要領で自身の両腿の間に挟み込み、相手の頭部と右腕をコブラクラッチに捕らえて相手の首や腰を痛めつける。
; コブラクラッチ・クロスフェイス
: [[ブライアン・ダニエルソン|ダニエル・ブライアン]]のオリジナル技。うつ伏せになった相手の左サイドに腰を下ろして相手の上半身をコブラクラッチに捕らえて相手の背中を反り上げると同時に首を締め上げる。
; Xミッション
: [[Mr.X (プロレスラー)|Mr.X]]のオリジナル技。仰向けになった相手の左サイドに腰を下ろして右手で掴んだ相手の左腕を引っ張って、相手の上半身を軽く引き起こして掴んだ相手の左腕を相手の顎の下に巻きつけて自身の右腕を相手の首の後ろに回し、首を抱え込み、折れ曲がった相手の右腕の隙間に左手を差し込み、自身の右手首を掴み、首に絡みつかせた腕に力を込めて相手の頚動脈を圧迫する。
; ドリーム・クラッシャー
: [[テッド・デビアス・ジュニア]]のオリジナル技。相手の後頭部をコブラクラッチと[[河津落とし#キャメルクラッチ]]の複合技。コブラクラッチから、ミリオンダラー・バスター|ミ、そしてドオンダラバスタクラッシャ]]で打ちつけたあと体を横方向へと転がして、うつ伏せにひっくり返った相手連携で使用する点で前述腰に跨って背中を反刀狩上げと異なる。
; コブラクラッチ式三角絞め
; ICE-T
: [[タダスケ丸藤正道]]のオリジナル技。うつ伏せになった相手の左足をコブラクラッチと[[ステップオーバー・トーホールド・ウィズ・フェイスロック|STF三角絞め]]の要領複合技。たった状態固めて相手の上半身をコブラクラッチに捕らえてを極めたままジャンプし、相手の頭部へ両足巻き付け、そのままマットへ転がり絞め上げる。
; アナコンダマックス
: コブラクラッチと[[袈裟固|袈裟固め]]の複合技。尻餅をついた相手の右腕をコブラクラッチの要領で捕らえ、身体を捻りながら仰向けとなった相手の左サイドに移行し、両足を前方へと放り出しながら、体重を後方へかけて相手の頸動脈を圧迫させる。[[天山広吉]]の得意技。
 
=== 投げ技 ===
; コブラクラッチ・スープレックス
: [[ジョン・ロウリネイティス|ジョニー・エース]]のオリジナル技。相手の上半身をコブラクラッチに捕らえてを[[ブリッジ (運動)|ブリッジ]]させるいでから相手を後方へと反り投げる。他の使用者とし頭部や後頭部はダニー・クロファット(2000年頃に得意技とした)がいる。またエースから真っ逆伝授まに打ちつけれた太陽ケアは'''波乗りスープレックス'''として使用している。
; [[河津落とし#ミリオンダラー・バスター|ミリオンダラー・バスター]]
: コブラクラッチの体勢から[[河津落とし]]のように後方に倒れ込み後頭部・背中を叩きつける技。[[テッド・デビアス]]のオリジナル技で井上雅央やテッド・デビアス・ジュニアも得意としている。デビアスは、掛けた後にコブラクラッチを離さずにそのまま相手の上に体を乗せてフォールするホールド式も使用した。
: [[テッド・デビアス]]のオリジナル技。相手の上半身をコブラクラッチに捕らえて相手の左足に右足を引っ掛けて、相手もろとも前のめりに倒れ込み、相手の後頭部や背中を叩きつける。
; ワン&オンリー
: [[モンティ・ソップ|ビリー・ガン]]のオリジナル技。相手の上半身をコブラクラッチに捕の体勢かえて相手自分の体をリフトアップ後方へ流相手の上半身極めたまま前のめりに倒れ込み、相手の背中から地面に叩きつける
; ドリーム・ストリート
: [[テッド・デビアス・ジュニア]]のオリジナル技。相手の上半身をコブラクラッチに捕らえて相手の体を軽く宙に抱え上げて右手で掴んでいた相手の左腕を解き放ちなが勢か自身の体を右方向へと180度って前のめに倒れ込み相手の背中を[[ロック・ボトム]]の要領でように背中から地面に叩きつける
 
=== 回転技 ===
; アンヴィライザー
: [[ジム・ナイドハート]]のオリジナル技。コブラクラッチを仕掛けたまま、自身の体を回転させて相手を振り回す。
 
== 関連項目 ==
* [[プロレス技]]
* [[裸絞]]
* [[片羽絞コブラ]]
 
{{DEFAULTSORT:こふらくらつち}}
245

回編集