「プレデター (映画)」の版間の差分

 
== 概要 ==
屈強な軍人 "ダッチ"(アーノルド・シュワルツェネッガー)率いる[[特殊部隊]]が、[[中央アメリカ]]の架空の国[[バル・ベルデ]]<ref>ハリウッド映画で中南米の国家として複数の作品で使用されており、他には『[[コマンドー]]』や『[[ダイ・ハード2]]』などがある。</ref>で[[ゲリラ]]たちの手から捕虜を救出する任務に就いた後、正体不明の高度な技術を持つ[[地球外生命体]]・[[プレデター (架空の生物)|プレデター]]に狙われるという物語である。脚本は、1985年に『ハンター』という題名で、[[:en:Jim Thomas (screenwriter){{仮リンク|ジム・トーマス]]と[[:|en:John|Jim Thomas (screenwriter)}}と{{仮リンク|ジョン・トーマス]]|en|John Thomas (screenwriter)}}の兄弟によって書かれた。撮影は1986年4月に開始され、[[スタン・ウィンストン]]によってクリーチャーが考案された。
 
製作費は1500万ドル。アメリカでは1987年6月12日に公開され、9800万ドルを超える興行収入を得た。初公開時の批評家の反応は賛否両論で、ストーリーには批判が挙がったが、数年後には批評家の態度はおおむね好評になった。『[[プレデター2]]』(1990年)と『[[プレデターズ]]』(2010年)という2つの[[外伝#続編、前編|続編]]に加え、『[[エイリアンVSプレデター (映画)|エイリアンVSプレデター]]』(2004年)と『[[AVP2 エイリアンズVS.プレデター]]』(2007年)という[[クロスオーバー作品]]も製作されている。
: [[ネイティブアメリカン]]・[[スー族]]の末裔。鋭い第六感を持ち、プレデターの存在を最初に察知した人物。ダッチらが退避する時間を稼ぐため、丸木橋の上でマチェテのみでプレデターを迎え撃つが、丸太の腹を下からつたって来たプレデターにあえなく殺され、頭蓋骨を[[トロフィー]]にされる。
; ホルヘ・"ポンチョ"・ラミレス
: 演 - [[:en:Richard Chaves{{仮リンク|リチャード・チャベス]]|en|Richard Chaves}}
: [[チカーノ]]で、スペイン語に堪能。終盤、負傷してダッチに担がれて退却する途中でプレデターのプラズマキャノンで頭を撃たれ、死亡する。
; リック・ホーキンス