メインメニューを開く

差分

m
→‎家族と子孫: lk.アン・ダーウィン 長い記事なので2箇所目のリンク
== 家族と子孫 ==
[[ファイル:Charles and William Darwin.jpg|thumb|left|長男ウィリアムと。1842年。ウィリアムの[[幼児]]期の[[観察]]記録が、後に『幼児の伝記的記述』として発表され、観察という研究法方法の[[古典]]として知られている。]]
ダーウィン家には、10人の子供がいた。ダーウィンは熱心な父で子供たちの面倒をよく見たが、そのうち2人は幼くして死亡。かねてより病弱だった長女[[アン・ダーウィン|アニー]]に(巷で)良く効くという水治療を受けさせるが治療の甲斐無く1851年に病に臥せったまま10歳で病死し、夫妻をひどく悲しませた。特にいとこを妻としていたので[[近親婚]]の弊害ではないかとひどくおそれ、最期の手段として水治療に縋った自分とその療法に落胆する。彼の息子のうちウィリアムは銀行家、[[ジョージ・ハワード・ダーウィン|ジョージ]]は天文学者、[[フランシス・ダーウィン|フランシス]]は数学者、医者となった。ホリスは土木技師、実業家、そして1896年から1897年まで[[ケンブリッジ]]市長を務めた。彼らはそれぞれ王立協会の会員もつとめた。レオナルドは兄たちと異なる道を選んだ。軍人、政治家で優生学者でもあり、また[[ロナルド・フィッシャー]]の親しい友人となった。ジョージの孫の孫に映画「[[ナルニア国物語]]」出演で有名な俳優の[[スキャンダー・ケインズ]]がいる。この世を去るまで夫婦仲も睦まじく、子供らに対しても父チャールズなりの愛情で甲斐甲斐しく可愛がられ育てられ、子の内の一人によると「邪魔臭く感じるくらいに子供全員を分け隔てなく溺愛し子としてどう対処すれば良いのか分からず父子の関係にしばしば難渋していた、子供心には愛情を家族へ熱心に注ぐ父は風変わりに映った」と回想している。
 
== 社会思想 ==
18,704

回編集