「中央セム諸語」の版間の差分

→‎批判: 節追加
(→‎批判: 節追加)
== 下位分類 ==
中央セム諸語は[[アラビア語]]、[[サイハド語]](古代南アラビア語)、北西セム諸語に分かれる<ref>Huehnergard (2004) p.141</ref>。北西セム諸語はカナン諸語、アラム語、ウガリット語、および{{仮リンク|テル・デイル・アッラー|en|Deir Alla}}の碑文([[バラム (旧約聖書)|バラム]]碑文)の言語を含む<ref name="f"/>。
 
== 批判 ==
アラビア語は北西セム語でなく、従来どおり南セム語に近いとする学者もある。両者に共通な特徴としては p の摩擦音化、長母音を持つ動詞語幹(アラビア語の第三・第六派生形)、不規則複数などが挙げられる<ref>Faber (1997) pp.12-13</ref>。
 
== 脚注 ==