メインメニューを開く

差分

 
=== 指定基準の改正 ===
近代の文化遺産の適切な保護を図るため、[[1995年]]([[平成]]7年)3月6日、指定基準が改正され、[[第二次世界大戦]]終結頃までの政治、経済、文化、社会等あらゆる分野における重要な遺跡が史跡指定の対象となった<ref>「近代の遺跡の保護について」『月刊文化財』1995年4月号、38頁。</ref>。この改正を受けて同年6月、[[原爆ドーム]]が史跡に指定され、国内法での法的保護が前提である[[国際連合教育科学文化機関|ユネスコ]]の[[世界遺産]]に登録されることとなった。
 
== 地方公共団体指定の史跡 ==
160

回編集