メインメニューを開く

差分

m
 
== 来歴 ==
[[1969年]](昭和44年)[[2月1日]]、日本で初めてチャコールフィルターを採用したたばことして発売された。国産の葉タバコを中心としたドメスティックブレンドと呼ばれる日本独自の製品で、現在でもJTの全銘柄の中で販売実績上位に必ず入っている人気銘柄。オリジナルのソフトパックは、[[1975年]]から[[1977年]]まで売り上げ第1位を記録し、その後は派生商品の[[マイルドセブン]](現:[[メビウス (たばこ)|メビウス]])のオリジナル・ライト・スーパーライトに次ぐ売り上げとなっていたが、2008年度第1四半期(4月 - 6月)に売り上げ第1位に返り咲き、2016年現在でもその座を守り続けている。愛称は「セッタ」、「ブンタ」、「七つ星」など。メンソールは「セタメン」など。これまでに巻紙やチップペーパーのデザインと長さの変更は何度か行われたが、星小紋のパッケージの目立ったデザイン変更は発売当初から行われていない([[1993年]]にキングサイズに変更された際および1999年にボックス製品の“Seven Stars”のロゴに若干の変更が加えられた)。21世紀に入ってからは、低タール製品・メンソール製品などの発売が行われている。[[2009年]](平成21年)[[8月3日]]発売の「セブンスター・ブラック・チャコールメンソール・ボックス」([[2011年]][[2月]]下旬にセブンスター・ソリッド・メンソール・ボックスにリニューアル)では、活性炭を特殊な膜で覆い、メンソールの吸着を防いだ「アドバンスド・チャコールテック・フィルター」を採用することで、日本で初めてメンソールたばこにチャコールフィルターを採用した商品として発売された。しかし、[[2014年]][[4月14日]]に「セブンスター・メンソール・8・ボックス」に再リニューアルされた際にプレーンフィルターに変更されている。
 
なお、[[2010年]][[10月1日]]のたばこ税増税、および[[2014年]][[4月1日]]の消費税増税、2018年10月1日のたばこ税増税のため、全てのセブンスターシリーズはそれぞれ一律440円、460円、500円に値上げされた。
3,733

回編集