「城下町のダンデライオン」の版間の差分

m
貯金を貯めて→貯金をして
m (貯金を貯めて→貯金をして)
: 得意科目:英語 / 苦手科目:体育 / 趣味:株・FX・資金調達 / 好きなもの:お金・かわいいもの / 苦手なもの:クサいストレートな愛情表現 / 好きな食べ物:[[チーズ]]
: 高校2年生。一見厳しそうに見えるが、姉弟想いの次女。生徒会副会長を務め、卯月の後を継いで生徒会長となる。
: 特殊能力を発動すると[[緑|緑色]]に光る。現実から空想、元素から生物に至るまで、ありとあらゆる物質を生成することができ、未来に発明される物体も生成が可能である。ただし、生成されたものの価値に等しい金額が自動的に貯金から引かれていく。明確に欲しいと思った瞬間に物体は生成され、後からキャンセルは効かない。もし、彼女の貯金額を超える物体を生成した場合、担保として現物資産で支払ってしまう。これまでは貯金を使いきれば発動しなかったが、彼女の成長と共に、能力も成長していることが見受けられる。決して破産しないために国家予算並みの貯金を貯めている。
: 王様を目指す理由は、国家予算を対価に修の足を治すためである(修は奏が王様を目指す理由に気付いていた)。
: 選挙活動に熱心で人前では常に良い顔をしている。家族を大事に想っていて、トラックに轢かれそうな茜を助けるために20年後に発明される4000万円相当の強力な衝撃吸収材を躊躇わずに生成した。