「古瀬駅」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎歴史: added language markups)
 
'''古瀬駅'''(ふるせえき)は、[[北海道]][[白糠郡]][[白糠町]]和天別にある[[北海道旅客鉄道]](JR北海道)[[根室本線]]の[[鉄道駅|駅]]。[[北海道旅客鉄道の駅ナンバリング|駅番号]]は'''K46'''。
 
[[普通列車]]でも半数以上が通過してしまい、下り4本、上り3本しか[[停車 (鉄道)|停車]]しない。
 
== 歴史 ==
[[ファイル:Furuse shingojo.jpg|right|thumb|1977年の古瀬信号場(当時)と周囲約500 m範囲。上が根室方面。{{国土航空写真}}]]
 
[[信号場]]時代から[[仮乗降場]]を兼ねており客扱いをしていたが、信号場に併設された[[官舎]]に住んでいる職員の家族が主な利用客であった(20軒ほどの官舎があったとされる)ただし現在は信号場が[[無人駅|無人]]化され官舎もないため、むしろ[[列車交換]]一部ための信号場的役割であり、普通列車でも交換ない場合は通過みが停車る列車がある。
 
駅名の由来は[[アイヌ語]]の「{{lang|ain-Kana|フル・センピリ}}」(丘の陰)とされるが、諸説ある。
 
=== 年表 ===
* [[1954年]]([[昭和]]29年)[[7月1日]]:[[日本国有鉄道|国鉄]]の'''古瀬[[信号場]]'''として開設<ref name=":02">{{Cite book|和書|title=北海道 駅名の起源|date=1973-3-25|year=|publisher=日本国有鉄道北海道総局|ref=ekimei1973|url=|edition=第1版|ASIN=B000J9RBUY|location=札幌市|author=|accessdate=|author2=|author3=|author4=|author5=|author6=|author7=|author8=|author9=|page=128}}</ref>。係員配置。
* [[1971年]](昭和46年)[[8月1日]]:無人化。
**1973年(昭和48年)に国鉄北海道総局が発行した『北海道 駅名の起源』第1版には、客扱いを行う信号場についてはその旨の表記があるが、当信号場にはその表記は見られない<ref name=":02" />。
* [[1987年]](昭和62年)[[4月1日]]:[[国鉄分割民営化]]によりJR北海道に継承。同時に駅に昇格。
* [[1990年]]([[平成]]2年)[[3月10日]]:[[営業キロ]]設定。
== 利用状況 ==
2011 - 2015年(平成23 - 27年)の乗降人員調査(11月の調査日)平均は「10名以下」<ref>{{Cite web|url=https://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/160328-1.pdf|title=極端にご利用の少ない駅(3月26日現在)|accessdate=2017-09-25|date=2016-03-28|format=PDF|work=平成28年度事業運営の最重点事項|publisher=北海道旅客鉄道|page=6}}</ref>。
 
== 駅周辺 ==
周囲は森林に囲まれており酪農家がわずかに見えるのみ。駅への道も整備されていない。
 
== 隣の駅 ==
 
; 北海道旅客鉄道(JR北海道)
: {{color|#8cc63e|■}}根室本線(一部普通列車は当駅通過)
4,931

回編集