「崧沢文化」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
|注音符号 =
|日本語 =すうたく ぶんか
|英文 =SongzenSongze Culture
}}
 
'''崧沢文化'''(すうたくぶんか)は[[中華人民共和国]][[浙江省]]及び[[上海市]]の[[長江]]下流、[[太湖]]周辺に[[紀元前3900年]]頃から[[紀元前3200年]]頃にかけて存在した[[新石器時代]]の文化。[[1960年]]から[[1970年代]]にかけて[[上海市]][[青浦区]]崧沢村で発掘された青浦崧沢遺跡を[[標式遺跡]]とする。[[1982年]]、中国考古年会は太湖周辺で先行した[[馬家浜文化]]と、後代の[[良渚文化]]の中間期に存在した栄えた独自の文化であったと認定し、崧沢文化と命名した。
 
崧沢文化の遺跡からは[[石器]]や骨器のほか、墓穴からは副葬品として多数の[[玉]]器が発見されている。また[[陶器]]では[[鼎]]などの調理器や食器が出土し、夾砂紅褐陶や泥質紅陶をはじめとして、さらに高温で焼いた黒陶、灰陶なども出土した。土器片の中には、刻画紋や刻画符号などが刻まれているものもあった。
匿名利用者