「蔡鍔」の版間の差分

m (119.185.229.207 (会話) による版を 221.94.14.18 による版へ巻き戻し)
 
 
[[1915年]](民国4年)11月、袁世凱の帝政に反対した蔡鍔は、梁啓超らの援助で北京を脱出して雲南に戻った。12月25日、唐継尭らとともに雲南省の独立を宣言する。袁討伐のための護国軍が組織され、蔡は護国軍第1軍総司令となった(第2軍総司令[[李烈鈞]]、第3軍総司令唐継尭)。こうして[[護国戦争]]が始まったのである。
[[ファイル:Chi-E with wife and baby - Chinese revolutionary leader who fled to Japan LCCN2016647604.tif|サムネイル|妻子とともに日本に逃れてきた蔡鍔。1916年]]
 
[[1916年]](民国5年)春、蔡鍔率いる2万人の護国軍第1軍は、[[四川省 (中華民国)|四川省]]の[[瀘州市|瀘州]]・納渓(現在の瀘州市納渓区)一帯で8万人の北京政府軍を撃破した。さらに、広西省の[[陸栄廷]]も独立を宣言したことにより、袁世凱による帝政の取消しを成功させた。袁世凱死去後の6月に蔡は、四川督軍兼省長となった。しかし結核に冒され、日本に行き、[[福岡市]]で治療を受けることになる。
 
15,732

回編集