「マクルズフィールド伯爵」の版間の差分

m (角括弧の終了違反)
 
== 歴史 ==
[[イングランド貴族]]としての最初の創設は[[1679年]]で、兵士であり政治家であった初代ジェラード男爵[[チャールズ・ジェラード (初代マクルズフィールド伯爵)|チャールズ・ジェラード]] ([[:en:Charles Gerard, 1st Earl of Macclesfield|Charles Gerard, 1st Baron Gerard]]) のためにこの爵位が設けられた。ジェラードは既に、[[1645年]]に[[サフォーク]]州[[ブランドン]] ([[:en:Brandon, Suffolk|Brandon]]) のジェラード男爵として叙爵されていたが、伯爵位の叙爵とともに、ブランドン子爵 (Viscount Brandon) へ陞爵しも与えられた。これらの爵位はいずれも[[イングランド貴族]]のものである。この初代マクルズフィールド伯爵は、高名な判事で、[[1581年]]から[[1594年]]まで[[記録長官]] ([[:en:Master of the Rolls|Master of the Rolls]]) の任にあった[[サー]]・[[ギルバート・ジェラード (判事)|ギルバート・ジェラード]] ([[:en:Gilbert Gerard (judge)|Sir Gilbert Gerard]]) の曾孫にあたった。初代の跡を継いだのは、第2代となった長男であった。第2代伯爵は[[1683年]]の[[ライハウス陰謀事件]]に関わり、死刑判決を受けたが、その後、王([[チャールズ2世 (イングランド王)|チャールズ2世]])の特赦によって赦された。[[1701年]]に没したときに嫡子はおらず、弟が襲爵して、第3代伯爵となった。第3代伯爵は、襲爵以前に[[グレート・ヤーマス選挙区|ヤーマス]] ([[:en:Great Yarmouth (UK Parliament constituency)|Yarmouth]])、[[ランカスター選挙区|ランカスター]] ([[:en:Lancaster (UK Parliament constituency)|Lancaster]])、[[ランカシャー選挙区|ランカシャー]] ([[:en:Lancashire (UK Parliament constituency)|Lancashire]]) から選出されて、[[庶民院 (イギリス)|庶民院]]議員となったことがあった。[[1702年]]に第3代伯爵が没した際に継承資格のある者がおらず爵位は爵となっ絶した。
 
2度目は、[[グレートブリテン貴族]]としてこの伯爵位が再度創設された[[1721年]]のことで、有名な法律家であった[[トマス・パーカー (初代マクルズフィールド伯爵)|初代パーカー男爵トマス・パーカー]]が、「[[オックスフォードシャー|オックスフォード]]州 [[エウェルム]]の'''パーカー子爵''' ({{lang|en|'''Viscount Parker''', of [[:en:Ewelme|Ewelm]] in the County of Oxford}})」および「[[パラティン伯]]領[[チェスター]]の'''マクルズフィールド伯爵'''({{lang|en|Earl of Macclesfield, in the County Palatine of Chester}})」に陞爵した<ref>{{LondonGazette |issue = 5986 |date = 29 August 1721 |startpage = 1 |accessdate = 2013-10-04 }}</ref>。この初代マクルズフィールド伯爵トマス・パーカーは、[[1710年]]から[[1718年]]まで[[イングランド・ウェールズ首席判事|王座部首席判事]] ([[:en:Lord Chief Justice of England and Wales|Lord Chief Justice of the King's Bench]]) を務め、[[1718年]]から[[1725年]]まで[[大法官]]の任にあった。パーカーは既に[[1716年]]に、[[パラティン伯]]領[[チェスター]]のマクルズフィパーカルド男爵として「パーカー卿 (Lord Parker)」となっていた<ref>{{LondonGazette |issue = 5414 |date = 6 March 1716 |startpage = 1 |accessdate = 2013-10-04 }}</ref>。これも[[グレートブリテン貴族]]の爵位のひとつであった。男爵位とは異なり、新たな子爵位や伯爵位は後継者が決められていたが、初代伯爵には男子の嫡子がいなかったため、[[ハーズリー・ハウス|ハーズリー・パーク]] ([[:en:Hursley House|Hursley Park]]) の初代[[准男爵]][[サー]]・[[ウィリアム・ヒースコート]] ([[:en:Sir William Heathcote, 1st Baronet|Sir William Heathcote, 1st Baronet]]) 夫人となっていた初代伯爵の娘エリザベス (Elizabeth) へ、さらにその息子へと爵位は継承されるものとされた。[[1725年]]、マクルズフィールド卿は汚職の罪を問われ、3万ポンドの支払いを強いられた。爵位はその後、息子娘の長男が襲爵し、第2代となった。第2代伯爵は、優れた天文学者であり、[[王立協会]]の会長を何年も務めた。
 
第2代の死去によって、爵位は長男が襲爵した。第3代伯爵は、襲爵以前に[[ニューカッスル・アンダー・ライム選挙区|ニューカッスル・アンダー・ライム]] ([[:en:Newcastle under Lyme (UK Parliament constituency)|Newcastle under Lyme]])、[[オックスフォードシャー選挙区|オックスフォードシャー]] ([[:en:Oxfordshire (UK Parliament constituency)|Oxfordshire]])、[[ロチェスター選挙区|ロチェスター]] ([[:en:Rochester (UK Parliament constituency)|Rochester]]) から選出されて、[[庶民院 (イギリス)|庶民院]]議員となったことがあった。第3代伯爵の跡は、長男が第4代として襲爵した。優れた政治家で、[[1816年]]から[[1818年]]にかけて、農業省大臣 (President of the Board of Agriculture) を務めた。第4代の死去後、爵位は弟が第5代として襲爵した。第5代の跡は、その息子が第6代として襲爵した。第6代伯爵は、襲爵以前に[[オックスフォードシャー選挙区|オックスフォードシャー]] ([[:en:Oxfordshire (UK Parliament constituency)|Oxfordshire]]) から選出されて、[[庶民院 (イギリス)|庶民院]]議員となり、[[保守党 (イギリス)|保守党]]に所属していた。第6代の跡は、その孫が第7代として襲爵した。第7代伯爵は、第6代伯爵の長男であったパーカー子爵([[儀礼称号]])ジョージ・オーギュスタス・パーカー (George Augustus Parker) の息子であった。このマクルズフィールド卿は、[[1954年]]から[[1963年]]まで、[[地方長官 (イングランド)|地方長官]] ([[:en:Lord Lieutenant|Lord Lieutenant]]) の任にあった。2014年現在、この爵位を保持しているのは、[[1992年]]に父である第8代の跡を襲爵した、第7代伯爵の孫にあたる第9代伯爵である。
 
[[カミラ (コーンウォール公爵夫人)|コーンウォール公爵夫人カミラ]]の最初の夫であった[[アンドリュー・パーカー・ボウルズ]][[准将#イギリス|准将]]は、母方の姓を継いだデレク・ヘンリー・パーカー=ボウルズ (Derek Henry Parker-Bowles) の息子であり、第6代伯爵の三男アルジェモン・ロバート・パーカー師 (Reverend the Hon. Algernon Robert Parker) の孫であった。このため、パーカー・ボウルズ准将は、この伯爵位およびこれに付随する爵位と、遠いながらも縁があることになる。また、第6代伯爵の次男セシル・トマス・パーカー師 (Cecil Thomas Parker) の息子であるウィルフレッド・パーカー師 (the Right Reverend Wilfred Parker, 1883 - 1966) は、[[プレトリア]][[主教]]を務めた。
匿名利用者