「腹腔鏡手術」の版間の差分

==概要==
腹腔鏡とは[[内視鏡]](小型[[カメラ]])の1つで、内視鏡を体内(腹腔)に入れて手術するため、腹腔鏡手術と呼ばれる。
同じ内視鏡でも、体のどの部位に入れるかによって、名前が変わる。例えば、[[胸]]に入れて、[[肺]]の手術をするときは「[[胸腔鏡]](きょうくうきょう)下手術」、[[膝]]の[[関節]]などで手術するときは「[[関節鏡]](かんせつきょう)下手術」という名前になる<ref>[http://www.rakuwa.or.jp/otowa/shinryoka/sanfujinka-fukkuukyou.html 腹腔鏡下手術とは]</ref>。<br>
腹腔鏡下手術は直径1cmほどのカメラを用いて行う<ref>[http://www.kobe-kaisei.org/shokai/shinryou/geka/404.html 手術について]</ref>ので、[[手術]]の際見える[[視野]]が限られている為、[[内臓脂肪]]が多かったり、胆嚢がんが疑われる場合、腹部手術の既往など[[癒着]]のはげしい場合は初めから[[開腹手術]]になったり、手術の途中から開腹手術に移行する場合もある。
[[腹部]]に3~15ミリ程度の穴を数か所開けて、そこから腹腔鏡や専用の手術[[器具]]を挿入し、[[モニター]]に映し出される腹腔内の様子を[[観察]]しながら手術を行う方法で、開腹手術よりも[[患者]]の[[肋骨]]を切断する必要も無く身体的負担が少なく、回復も早い反面、高度な[[技術]]が必要とされる。手術の種類にもよるが、高難度の腹腔鏡手術では、開腹手術を選んだ方が[[死亡率]]が低くなる可能性がある<ref>[http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG23H4K_T20C15A3000001/ 腔鏡の肝臓手術死亡率、保険適用外5倍 学会調査]日本経済新聞</ref>。
28

回編集