「川合玉堂」の版間の差分

typo / cl
(style / layout / + / +temp / +cite / 推敲 / etc.)
(typo / cl)
 
[[ファイル:Kawai Gyokudo and とみ.JPG|thumb|left|180px|玉堂とその妻・とみ<br />1949年(昭和24年)撮影]]
1896年(明治29年)・23歳の時に[[上京]]して([[東京]]へ移住して)[[橋本雅邦]]に師事する。[[岡倉天心|岡倉覚三(天心)]]、雅邦、[[横山大観]]らの創立した[[日本美術院]]には[[1898年]](明治31年)当初より参加。[[1900年]](明治33年)頃からは私塾「長流画塾」を主宰している。[[1907年]](明治40年)には第1回文展(第1回文部省美術展覧会(文。''cf'' [[日#開催歴]] 審査員に任命され、また、[[1915年]](大正4年)からは[[東京美術学校]]日本画科教授、[[1917年]](大正6年)[[6月11日]]には[[帝室技芸員]]<ref>『官報』第1458号、大正6年6月12日。</ref>に任じられ、日本画壇の中心的存在の一人となる。[[1931年]](昭和6年)には[[フランス]]政府から[[レジオンドヌール勲章]]を授与された[[1933年]](昭和8年)には[[ドイツ]]政府から[[名誉章|赤十字第一等名誉章]]を授与された。[[1940年]](昭和15年)には日本政府から[[文化勲章]]を授与された。
 
[[ファイル:Grave of Gyokudo Kawai.jpg|thumb|130px150px|[[多磨霊園]]にある玉堂の墓]]
[[第二次世界大戦]]中の[[1944年]](昭和19年)、かねてより[[写生]]で頻繁に訪れていた[[東京都]][[西多摩郡]][[三田村 (東京都)|三田村]]御岳(現・[[青梅市]]御岳<ref name="没地map" group="*" />)に[[疎開]]し、住居を「偶庵(ぐあん)」、画室を「随軒(ずいけん)」と称した。[[戦後#第二次世界大戦後|戦後]]も同地の自然を愛する玉堂はそのまま定住し、その地で[[1957年]](昭和32年)に死去し生涯を終えた。贈[[勲一等旭日大綬章]](没時叙勲)。
 
[[神奈川県]][[横浜市]][[金沢区]]には[[1917年]](大正6年)頃に建設した別邸「二松庵」があり、横浜市指定[[有形文化財]]として月1回の一般公開もなされていたが<ref>[http://www.city.yokohama.lg.jp/kanazawa/kusei/kikaku/gyokudo/ 横浜市 旧川合玉堂別邸 トップページ]</ref>、[[2013年]]([[平成]]25年)[[10月16日]]に発生した火災により全焼してしまった<ref>[http://www.asahi.com/national/update/1016/TKY201310160009.html 旧川合玉堂別邸が全焼 横浜・金沢区] [[朝日新聞]] 2013年10月16日</ref>。二松庵庭園は[[2016年]](平成28年)[[11月4日]]付で[[名勝]]として[[横浜市指定文化財および地域文化財一覧|横浜市指定文化財]]に指定された<ref>{{PDFlink|[http://www.city.yokohama.jp/ne/news/press/201610/images/phplKXLkN.pdf 平成28年度 新たな横浜市指定文化財 教育委員会事務局]}}</ref>。
 
日本の四季の山河と、そこで生きる人間や動物の姿を美しい墨線と彩色で描くことを得意とした。玉堂のもとには、[[長野草風]]、[[池田輝方]]、[[池田蕉園]]、[[松本姿水]]、[[山内多門]]、[[高橋玉淵]]ら多くの門人がいた。
{{-}}
== 代表作品 ==
: 本節では、[[文化庁]]や著名な研究者が俯瞰的視点で代表作に挙げた作品'''太字'''で表記している(※所蔵作品をしがちな個別の美術館等は対象外)。[[文化財]]としての指定名称や、所有者・保管者等による管理名称などは、広く知られているいわゆる[[通称]]と異なることも多いが、本節は通称を主たる名称として記載し、専門的名称は説明文の中で挙げることとする(例:行く春)。
 
* {{Anchors|春渓群猿図秋渓群鹿図}}春渓群猿図({{small|しゅんけいぐんえんず}})及び 秋渓群鹿図({{small|しゅうけいぐんかず}})
:: [[1890年]](明治23年)、17歳の時、2年あまり用いた「玉泉」から「玉堂」へ改号した17歳のこの年、係る連作を[[内国勧業博覧会#第三回内国勧業博覧会|第3回内国勧業博覧会]]に出品し、初の入選を果たして記念すべき連作
* {{Anchor|家鴨}}({{small|あひる}}) <ref name="CHO_232914">{{文化遺産オンライン|232914|家鴨}}</ref>
:: [[1897年]](明治30年)作。絹本著色。1幅。172.1×2531cm×253.6 (cm)6cm。[[東京国立博物館]]所蔵。
 
[[ファイル:Futsuka Zuki by Kawai Gyokudō.jpg|thumb|250px|{{Anchors|二日月_画像}}<center>『二日月』]]
{{Double image aside|right|Parting Spring by Kawai Gyokudo (National Museum of Modern Art, Tokyo) L.jpg|270|Parting Spring by Kawai Gyokudo (National Museum of Modern Art, Tokyo) R.jpg|270|{{Anchors|行く春_画像}}『行く春』    (左隻)|<center>(右隻)}}
<!--[[ファイル:Kawai Gyokudo Paintings.jpg|thumb|120px|{{Anchors|漁村渡舟_画像}}<center>『漁村渡舟』]]|※大した情報は確認できず、代表作と言い難い。-->
* {{Anchor|二日月}}({{small|ふつかづき}}) {{small|([[語|英]][[タイトル|]])}}''New Moon'' <ref name="CHO_98750">{{文化遺産オンライン|98750|二日月}}</ref>
:: [[1907年]](明治40年)作。絹本淡彩著色[[水墨画|墨画]](淡彩)。軸・1幅。86.4×1394cm×139.0 (cm)0cm。[[東京国立近代美術館]]所蔵。■右列に画像あり。
* {{Anchor|溪村春麓図}}({{small|けいそんしゅんろくず}}) <ref name="CHO_266016">{{文化遺産オンライン|266016|溪村春麓図}}</ref>
:: 1907年(明治40年)作。絹本色墨画。150.5×855cm×85.0 (cm)0cm。[[広島県立美術館]]所蔵。
* {{Anchor|深山濃霧}}({{small|しんざんのうむ}}) <ref name="CHO_233234">{{文化遺産オンライン|233234|深山濃霧}}</ref>
:: [[1909年]](明治42年)作。絹本著色。1幅。224.2×1422cm×142.4 (cm)4cm。[[東京国立博物館]]所蔵。
* '''{{Anchor|行く春}}'''({{small|ゆくはる}}) {{small|(英題)}}''Parting Spring'' <ref name="CHO_194603">{{文化遺産オンライン|194603|紙本著色行く春図〈川合玉堂筆/六曲屏風〉}}</ref><ref name="CHO_27124">{{文化遺産オンライン|27124|行く春}}</ref>
:: [[1916年]](大正5年)作。紙本色六曲一双[[屏風]]。各 183.0×3900cm×390.0 (cm)0cm
:: 国指定[[重要文化財]]。指定日:[[1971年]](昭和46年)[[6月22日]]。指定番号:01660。指定名称:'''紙本著色行く春図〈川合玉堂筆/六曲屏風〉'''。員数:一双。所有者:[[国立美術館]]。保管施設:[[東京国立近代美術館]]。
:: 文化庁が代表作に挙げる一点{{r|CHO_194603}}。[[サクラ|桜]]の季節の[[長瀞渓谷|長瀞]]の景勝を描く。■右列に画像あり。「[[長瀞渓谷#描かれた長瀞渓谷]]」にも詳説あり。
:: [[1928年]](昭和3年)、[[山元春挙]]との合作。六曲ニ双屏風。[[東京国立博物館]]管理。[http://webarchives.tnm.jp/imgsearch/show/C0054761]
* {{Anchor|朝もや}}({{small|あさもや}}) {{small|(英題)}}''Morning Mist'' <ref name="CHO_98820">{{文化遺産オンライン|98820|朝もや}}</ref>
:: [[1938年]](昭和13年)作。絹本色。軸・1幅。86.5×1185cm×118.3 (cm)3cm。[[東京国立近代美術館]]所蔵。
* {{Anchor|溪山四時図屏風}} [http://webarchives.tnm.jp/imgsearch/show/C0009858]
:: [[1939年]](昭和14年)作。六曲一双屏風。各 168.7×3737cm×373.8 (cm)8cm。[[東京国立博物館]]所蔵。
* '''{{Anchor|彩雨}}'''({{small|さいう}}) <ref name="CHO_79462">{{文化遺産オンライン|79462|彩雨}}</ref><ref>[http://search.artmuseums.go.jp/records.php?sakuhin=2716]</ref>
:: [[1940年]](昭和15年)、67歳時の作{{r|CHO_194603}}。絹本色。軸・1幅。87.7×1167cm×116.7 (cm)7cm。[[東京国立近代美術館]]所蔵。文化庁が代表作に挙げる一点{{r|CHO_194603}}。
* '''{{Anchor|暮雪}}'''({{small|ぼせつ}})
:: [[1952年]](昭和27年)作。文化庁が代表作に挙げる一点{{r|CHO_194603}}。
4,826

回編集