「カトリック教会の性的虐待事件」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎日本: {{出典の明記|date=2019年4月}} (ページの明記) 被害者の実名は除去しました。修正、加筆等。)
'''カトリック教会の性的虐待事件'''(カトリックきょうかいのせいてきぎゃくたいじけん、{{Lang-en-short|Catholic sex abuse cases}})と本稿では、[[21世紀]]に入って[[カトリック教会|ローマ・カトリック教会]]を揺るがしている[[聖職者]]による児童への[[性的虐待]]問題のことであについて叙述する。
 
== 概要 ==
これら一連の騒動により、アメリカなどでは一度でも児童への性的虐待が発覚した聖職者は再任することができなくなったが、職場を追われた神父らが、メディアなどの監視が行き届かない[[南米]]など発展途上国で同様に聖職に就き、同様の事件を起こしていることがわかり、新たな問題になっている<ref>[http://www.pri.org/stories/2015-09-18/south-america-has-become-safe-haven-catholic-church-s-alleged-child-molesters South America has become a safe haven for the Catholic Church’s alleged child molesters. The Vatican has no comment.]PRI,September 18, 2015 </ref>。
 
{{See also|司祭#妻帯(結婚)の可否・女性司祭の有無}}
<br />
 
== 経緯と影響 ==
{{節スタブ}}
 
<!--==== 欧州への波及・教皇退位要求デモ ====
(既述の内容と重複する内容なので削除)-->
=== アイルランド ===
アメリカ国外で起こった同種の事件としては、[[アイルランド]]のノルベルト修道会士ブレンダン・スミスのケースがある。彼は[[1945年]]から[[1990年]]にかけて、自らが関わっていた数百人の子どもたちに対して性的虐待を繰り返していたとされる。アイルランドでは前述のスミスだけでなく、同様の罪が問題とされたファーンズ司教区のジム・グレナン[[神父]]や、児童への暴行容疑で裁判を受けることになったが開廷前に自殺したショーン・フォーチューン神父などの事件が続けて明るみにでた。この問題を受けてファーンズ教区のブレンダン・コミスキー[[司教]]が引責辞任し、ダブリン[[大司教区]]のコンネル[[枢機卿]]も進退を問われる事態となった。2010年3月までで、合わせて4人の司教が引責辞任している<ref name="20100321sankei">[http://sankei.jp.msn.com/world/europe/100320/erp1003202327006-n1.htm ローマ法王が児童虐待問題で歴史的謝罪]{{リンク切れ|date=2012年11月}}(2010年3月21日 7:56 [[産経新聞]])</ref>。
日本カトリック司教協議会は国内でも性的虐待があったことについて、[[2002年]][[6月21日]]に「子どもへの性的虐待に関する司教メッセージ」として発表<ref>[https://www.cbcj.catholic.jp/2016/12/14/11033/ 日本カトリック司教団メッセージ 「性虐待被害者のための祈りと償いの日」の設定にあたって カトリック中央協議会(2016年12月14日)]</ref>。2019年4月4日、全国にある16司教区を通じた性的虐待に関する調査実施の方針を決定した<ref>[https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43478240Y9A400C1CR8000/ 聖職者の性的虐待、調査へ 日本カトリック司教協議会 日本経済新聞(2019年4月8日)]</ref>。
 
{{要出典範囲|[[日本]]では、男性(公表当時62歳)が実名での性的虐待被害を告発した。[[児童養護施設]]「東京サレジオ学園」に在園していた小4の時に元園長のトマス・マンハルド神父から1年間にわたって性的虐待を受けたという。(『[[文藝春秋<ref>{{cite news (雑誌)|title=カトリック神父が少年に性的虐待 東京サレジオ学園で2人の元園児が被害を訴えていた |author=広野真嗣 |newspaper=秋]]』2019年3月号)オンライン |date=2019年4月-02-19 |url=https://bunshun.jp/articles/-/10781 |accessdate=2019-04-28}}</ref>。
 
{{See also|司祭#妻帯(結婚)の可否・女性司祭の有無}}
 
== 脚注 ==
匿名利用者