「今夜は最高!」の版間の差分

番組[[構成作家|構成]]は、タモリと交友が深い[[高平哲郎]]が担当していた。タモリ以外のレギュラー出演者には、[[九十九一]]や番組中盤から参加した[[久本雅美]]、[[柴田理恵]]、[[渡辺信子]]らの[[WAHAHA本舗]]メンバーらがいる。[[中村誠一 (ミュージシャン)|中村誠一]]をはじめ、伴奏の担当ミュージシャンもコントのコーナーに多数登場した(バンマスの[[鈴木宏昌]]はもちろん、スタジオミュージシャンとして有名な[[松木恒秀]]、[[岡沢章]]、[[渡嘉敷祐一]]がコントをするという、普通では見られない姿が当たり前のように流れていた)。
 
メイン司会者であるタモリと女性パートナーの2人で男性ゲストを迎える形だが、パートナーは基本的に2週毎に交代する(稀に1週交代の時もあった)。トークコーナーではタモリと女性パートナーが男性ゲストを挟む形に座る事が多かった。ゲストは300回記念などのスペシャル版を除けば毎週変更され、女性ゲストだった回(沢たまき,戸川純,松金よね子,田中裕子)やゲスト無しの回(81/(1981年9/5,83/日、1983年1/29,日・9/24,88/日、1988年1/2)月2日)もあった。
 
番組の撮影と収録は麹町・日本テレビの「Gスタジオ」で主に行われていた。各回の収録は木曜日から土曜日までの最低3日間はかかっていて、タモリによると週4日かかっていた事も多かった。
匿名利用者