「Γ」の版間の差分

編集の要約なし
{{Otheruses|ギリシャ文字のΓ|キリル文字|Г}}
{{ギリシア文字|letter=gamma uc lc}}
{{el|'''Γ''', '''γ'''}}(ガンマ、希: '''{{lang|Lang-el-short|'''γάμμα}}'''|links=no}}、{{lang-*-Latn|el|gamma}})は[[ギリシア文字|ギリシア語アルファベット]]第3字。数価<ref>文字に当てはめられた数値のこと。[[ギリシアの数字]]を参照。</ref>は3、[[音価]]は古典では[[有声軟口蓋閉鎖音|/ɡ/]], 現代語では[[有声軟口蓋摩擦音|{{ipa|ɣ}}]]。軟口蓋子音字 γ, κ, χ, ξ の前に置かれると、[[軟口蓋鼻音|{{ipa|ŋ}}]] になり、これを[[鼻音のガンマ]]と呼ぶ。γγ は現代語では [[軟口蓋鼻音|{{ipa|ŋ}}]] と発音される。また、現代語では/e/, /i/の前に来ると、[[有声硬口蓋摩擦音|{{ipa|ʝ}}]]になる。[[ラテン文字|ラテンアルファベット]]の[[C]]<ref>[[エトルリア語]]、[[ラテン語]]では'''Γ'''の異形体である'''C'''を用いた。</ref>、[[G]]、[[キリル文字]]の[[Г]]はこの文字を起源とする。
<br/ >音声記号としては、小文字は([[現代ギリシア語]]での発音同様)「有声軟口蓋摩擦音」をあらわす。
 
また、[[国際音声記号]]の「[[有声軟口蓋摩擦音]]」の記号についてもこの文字が起源である。
 
== Γ/γの意味 ==
* 大文字の「Γ」は、
** [[数学]]で[[ガンマ関数|Γ関数]]を表す。
!大文字!![[Unicode]]!![[JIS X 0213]]!![[文字参照]]!!小文字!!Unicode!!JIS X 0213!!文字参照!!備考
{{ULu|0393|915|&amp;Gamma;|1-6-3|03B3|947|&amp;gamma;|1-6-35|}}
|}
{| class="wikitable" style="text-align: center;"
!記号!![[Unicode]]!![[JIS X 0213]]!![[文字参照]]!!名称
{{CharCode|611|263|1-6-35|国際音声記号}}
|}
 
== 脚注 ==
{{Reflist}}
<references />
 
[[Category:ギリシア文字|かんま]]