「Wikipedia:コメント依頼/Audia3sb」の版間の差分

m
(コメント。)
 
==被依頼者のコメント==
私へのコメント依頼が出された日に、タイミングが悪く近親者に不幸があったためコメントが遅れました。現在も詳細に釈明や反論する気分にありませんが、少しだけ私の考えを述べたいと思います。まずは、皆様、私に対して多くのコメントをお寄せいただきありがとうございます。皆さまのご意見を重く受け止めており、ご指摘については反論いたしません。「カラーコード」については本文中から除去します。作業はすぐにはできませんが、今週日曜日までには対応を終えたいと考えます。
 
Nami-ja様のご指摘が最も心に響きました。ご指摘ごもっとも、です。ありがとうございます。
 
私がWikipediaの編集を始めた経緯は、自身が知る情報とWikipediaに記載の情報に多くの食い違いが見つかったため、それを正していこうとしたことでした。私は自身の紹介ページにも記載していますが、特に「[[Wikipedia:検証可能性]]」、「[[Wikipedia:独自研究は載せない]]」に重点を置き、出典のない記述には出典を追記するとともに、個人の主観によると思われる「自称評論家」のような記述を除去するとともに、史実に基づく記述にあらためていきました。また、表記レイアウトの統一化を進めるべく、車種の「概要」・「デザイン」・「メカニズム」・「安全性」に「節」を分割し、読みやすさの向上をめざしました。また、自動車のページは「年表」が必ずといってよいほど記述されているため、レイアウト変更に伴う読みやすさ改善に努めました。このようなレイアウトに基づく編集は[[レクサス・CT|レクサスCT]]、[[ホンダ・S660|S660]]、[[三菱・eKクロス|eKクロス]]、[[ホンダ・フリード|フリード]](2代目のページのみ)、[[ホンダ・インサイト|インサイト]](3代目のページのみ)など、です。また先述「レクサス」・「ホンダ」・「マツダ」・「スバル」の最新モデルの大半の編集に関わっています。
 
ただ、私の編集方針は「事実だけを読者に伝えたい」との思いが強すぎたと反省しています。「カラーコード」の表記などがそれに該当するのだと思います。また、自身が編集したページを「改ざん」されるのをひどく嫌いました。自身が編集したページを「私物化」していたと受け取られても仕方がないと思います。共同編集する、という概念が薄かったことを猛省しております。
 
他の編集者への態度についても「上から目線」であったと思います。特に「IPユーザー」への態度は良くありませんでした。皆様のコメントで「私の態度」に多数のご意見が寄せられたことに驚くとともに自身の「無知」を痛感しました。今後最も改善すべき点だと猛省しております。ただし、依頼者および[[利用者:呼び出しリモコン|呼び出しリモコン]]氏に関しては、私自身が「誹謗中傷」を受けていたと認識しています。特に[[利用者:呼び出しリモコン|呼び出しリモコン]]氏に関しては、[[WP:CALM]]に基づき、「誹謗・中傷してばかりしている人は、無視してしまいましょう」の記述に基づき反論を控えておりました。依頼者および[[利用者:呼び出しリモコン|呼び出しリモコン]]氏に関しては、[[ノート:レクサス・CT]]や、各編集者のノートのページで皆様にご判断いただきたい、と思います。必ずや反論があるでしょうが、私は再反論は行いません。私の「言い方」や「考え方」についても多くの不備・非礼があったのですから。また、ここには「JapaneseA」様絡みで私を知った方が多くご意見を寄せられております。あの場での私の発言は、Wikipediaは「記事の編集」が第一目的であり「他者の誹謗・中傷をいさめたい」と思って投稿したまでです。その表現方法に難があってのご指摘だと思いますが、改善を図りたいと思っております。
 
私は「自動車関連」の編集について、現時点では「主筆のひとり」と自負しております(良いか悪いか別として)。「サイズの大幅な増減」を伴う大幅な加筆を行う編集者は、自動車関連の編集者でもごくわずかです。私は今後も編集を続けていきたい。世の中に正しい情報を伝えたい、間違った情報は正していきたい、と考えます。そのためにも、今回皆様にご指摘いただいた内容はひとつづつ改善していく所存です。今回のやり取りを通して、皆様からのご信任を得たく存じます。よろしくお願いいたします。
 
申し訳ございませんが、私的な事情で本日はここまでとさせていただきます。--[[利用者:Audia3sb|Audia3sb]]([[利用者‐会話:Audia3sb|会話]]) 2019年5月15日 (水) 09:41 (UTC)
 
==第三者様のコメント==
3,386

回編集