「不時着時の姿勢」の版間の差分

何も書かれていないため、一旦非表示にします
タグ: モバイル編集 モバイルアプリ編集 Androidアプリ編集
(何も書かれていないため、一旦非表示にします)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
着地まで時間の余裕がある場合は、客室乗務員から乗客に向けて正しい姿勢のとり方を手短に説明する。着陸直前に、操縦室から予め決められた合図(「Brace for impact. (構えて)」などのアナウンスないしシートベルトサインを点滅させる等)が送られるので、それを受けた客室乗務員は乗客に「Brace, brace! Stay down! (構えて、構えて、席を立たないで!)」、「Get your heads down, stay down! (顔を下げて、そのままで!)」等と叫ぶ。これは飛行機が完全に停止するか緊急脱出の指示が出るまで続けられる。各航空会社とも独自の文言を定めている。具体例としては2014年11月10日に[[ジェットスター・ジャパン]]の旅客機が[[関西国際空港]]に緊急着陸した際の機内の様子が乗客により[https://www.youtube.com/watch?v=7dZwF4KGhzg YouTube上で公開されている]ので参考になる。
 
<!--==ケグワース事故==
{{節stub}}-->
<!--
In the 1989 Boeing 737-400 [[Kegworth air disaster]] crash, the pilot was able to announce "Prepare for crash landing" 10 seconds before impact; the resulting injuries?from both those who did and did not adopt the brace position?would later be studied to provide further research on this topic. A CAA-funded engineering?medical joint research team was established, led by Nigel Rock of Hawtal Whiting (HW) Engineering Consultants and Prof Angus Wallace of the Nottingham University Hospital. The team was aided by Wg Cdr David Anton of the Royal Air Force Institute of Aviation Medicine. The work used mathematical modelling derived from the automobile industry to analyse the human body under crash conditions. (See "Further reading" below.)
-->
 
==脚注==
{{Reflist}}
2,884

回編集