「李鍾ソク」の版間の差分

ブロック済み荒らしアカウント オリジンウリジンによる編集を取り消し
(ブロック済み荒らしアカウント オリジンウリジンによる編集を取り消し)
 
[[1994年]]に世宗研究所に入ると、さらに専門的に北朝鮮の政治と南北関係を研究し、この頃から対北宥和政策を[[メディア]]で本格的に主張するようになり、[[1995年]]には[[大韓民国統一部|統一院]]の政策諮問委員となった。[[2000年]]には『現代北朝鮮の理解』を発表している。[[金大中]]政権が誕生すると、韓国政府が採用している[[太陽政策]]を強く支持したことから韓国政府に起用されるようになり、[[2000年]]の南北首脳会談では金大統領に同行して[[平壌]]を訪れた。その後、[[盧武鉉]]によって[[韓国国家安全保障会議|国家安全保障会議]](NSC)事務次長に任命された。[[2006年]]2月には統一部長官に任命されており、対北朝鮮政策を取り仕切る立場に立っていたが、2006年10月に行われた北朝鮮の核実験及び、その後の[[国際連合安全保障理事会|国連安全保障理事会]]の全会一致の採択による対北朝鮮経済制裁に直面し、太陽政策の破綻が明らかになってきたため、職を辞することになった。
 
== 和田春樹との関係 ==
[[和田春樹]]と深い関係にあることが度々報道されており<ref name="週刊文春">『[[週刊文春]]』2004年3月25日号、[[加藤昭 (ジャーナリスト)|加藤昭]]「韓国親北政権の罪第二弾 盧武鉉弾劾の真実大統領府に北のスパイが浸透していた」</ref><ref name="NewDaily">{{Cite news|url=http://www.newdaily.co.kr/news/article_s.html?no=190868&rvw_no=1559|title=때가 되면 등장하는 日좌익 '와다 하루키(和田春樹)'|newspaper=[[NewDaily]]|archiveurl=https://web.archive.org/web/20161124173722/http://newdaily.co.kr/news/article_s.html?no=190868&rvw_no=1559|archivedate=2016年11月24日|deadlinkdate=2017年10月}}</ref>、和田の[[朝鮮戦争]]史観に影響を受けているという<ref name="NewDaily"/>。それによると、和田と李の関係について[[大韓民国国家情報院|国情院]]スタッフは「李は九二年、和田の著作『金日成と満州抗日戦争』を翻訳している。また、『北韓の住居移転、旅行の自由の制限は、社会主義の特性であり、南北軍事対立のもとで選択せざるを得なかった防衛的措置だ』、『金正日はオーケストラの演奏中、ある演奏者の半音の間違いまで聞き分けるほど音楽に造詣が深い』など、数多くの北賛美の発言をしてもいます」とコメントしており、国情院スタッフは「徐(注:{{仮リンク|徐東晩|ko|서동만}}[[大韓民国国家情報院]]室長)、李を中心とするグループが北主導の統一憲法草案を準備しているが、和田が知恵をつけているのではないか」として「和田黒幕説」を主張している<ref name="週刊文春"/>。
 
== 発言 ==