「降旗康男」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルアプリ編集 Androidアプリ編集
}}
 
'''降旗 康男'''(ふるはた やすお、[[1934年]][[8月19日]] - [[2019年]][[5月20日]]<ref name="nikkei20190526">{{Cite web | url = https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45291650W9A520C1CZ8000/ | title = 降旗康男さんが死去 映画監督 「鉄道員」「あ・うん」 | publisher = [[日本経済新聞]] | date = 2019-05-26 | accessdate = 2019-05-26 }}</ref><ref name="daily20190526">{{Cite web | url = https://www.daily.co.jp/gossip/2019/05/26/0012368405.shtml | title = 降旗康男監督死去 岡田准一主演「追憶」撮了後にパーキンソン病発症 | publisher = [[デイリースポーツ]] | date = 2019-05-26 | accessdate = 2019-05-26 }}</ref>)は、日本の[[映画監督]]である。[[長野県]][[松本市]]出身。
 
== 経歴 ==
[[長野県松本深志高等学校]]、[[東京大学]][[文学部]][[フランス文学]]科卒業後、1957年[[東映]]入社<ref name="nikkei20190526"/><ref name="daily20190526"/>。1978年に東映を退社しフリーとなり、1999年、『[[鉄道員 (小説)|鉄道員]]』で[[日本アカデミー賞]]監督賞・脚本賞を受賞。2002年に[[褒章#紫綬褒章|紫綬褒章]]、2008年には[[旭日章|旭日小綬章]]を受章した<ref name="nikkei20190526"/>。80歳を過ぎてからもメガホンを執った監督として知られた。
 
降旗とのコンビで「夜叉」「鉄道員」など数々の作品を作り上げた[[高倉健]]は、寡黙で撮影現場ではほとんど声を張り上げて指示を出さない降旗に対し、コンビを組むことの多いカメラマンの[[木村大作]]が大変なおしゃべりで現場を仕切るため、初めて呼ばれる役者は木村が監督だと勘違いすることもしばしばあると、自身のエッセイ「あなたに褒められたくて」でユーモラスに紹介していた。一見すると頼りないようにも思えるが、木村のような個性の強いカメラマンに撮影された作品でも、必ず降旗の個性の出た降旗作品に仕上がる。と語っている。
 
[[1978年]]には、東映の[[吉川進]][[映画プロデューサー|プロデューサー]]から「『[[スパイダーマン (東映)|スパイダーマン]]』の監督をやってみないか?」と声をかけられたことがあり、しばらく後になって「いつになったら俺に『スパイダーマン』を監督させてくれるんだ」と意外な返答をしたこともあったという<ref>スパイダーマン 東映TVシリーズDVD-BOX付録冊子「スパイダーマン大検証」</ref>。
 
[[日本共産党]]の[[シンパ|支持者]]としても知られていた。
 
『[[追憶 (2017年の映画)|追憶]]』撮影終了後の2016年に[[パーキンソン病]]を発症し、療養生活に入る<ref name="nikkei20190526"/><ref name="daily20190526"/>。[[2019年]][[5月20日]]9時44分、[[肺炎]]のため東京都内で死去<ref name="nikkei20190526"/><ref name="daily20190526"/><ref>{{Cite news|url=https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/05/26/kiji/20190526s00041000317000c.html|title=「鉄道員」映画監督・降旗康男さんが死去 84歳 高倉健さんと数々の作品手掛ける|newspaper=Sponichi ANNEX|agency=スポーツニッポン新聞社|date=2019-5-26|accessdate=2019-5-26}}</ref><ref>[https://hochi.news/articles/20190526-OHT1T50158.html 映画監督・降旗康男さん84歳で亡くなっていた 「鉄道員」など多くの高倉健作品でメガホン] - スポーツ報知 2019年5月26日</ref>。{{没年齢|1934|8|19|2019|5|20}}。
== 人物 ==
*降旗とのコンビで「夜叉」「鉄道員」など数々の作品を作り上げた[[高倉健]]は、寡黙で撮影現場ではほとんど声を張り上げて指示を出さない降旗に対し、コンビを組むことの多いカメラマンの[[木村大作]]が大変なおしゃべりで現場を仕切るため、初めて呼ばれる役者は木村が監督だと勘違いすることもしばしばあると、自身のエッセイ「あなたに褒められたくて」でユーモラスに紹介していた。一見すると頼りないようにも思えるが、木村のような個性の強いカメラマンに撮影された作品でも、必ず降旗の個性の出た降旗作品に仕上がる。と語っている。
*[[1978年]]には、東映の[[吉川進]][[映画プロデューサー|プロデューサー]]から「『[[スパイダーマン (東映)|スパイダーマン]]』の監督をやってみないか?」と声をかけられたことがあり、しばらく後になって「いつになったら俺に『スパイダーマン』を監督させてくれるんだ」と意外な返答をしたこともあったという<ref>スパイダーマン 東映TVシリーズDVD-BOX付録冊子「スパイダーマン大検証」</ref>。
*[[日本共産党]]の[[シンパ|支持者]]としても知られていた。
 
== 監督作品 ==