「フルボ酸」の版間の差分

編集の要約なし
m (記事名。)
[[en:fulvic acid]]
 
'''フルボ酸'''(フルボさん)とは、植物などが微生物により分解される最終生成物である[[フミン腐植物質]]のうち、酸によって沈殿しない無定形高分子物質有機酸。土壌からアルカリまたは弱酸のアルカリ塩で抽出される。精製の困難さのため、[[フミン酸]]や天然水中比べ広く分布し研究は少な
土壌からの抽出では、[[アルカリ]]または弱酸のアルカリ塩で[[フミン酸]]と共に抽出後、酸を加えてフルボ酸を沈殿させて分離する。精製の困難さのため、[[フミン酸]]に比べて研究は少ない。
 
== 構造 ==
フミン酸同様に、化学構造がただ一つ決まった分子ではなく、その分子内にカルボキシル基、フェノール性水酸基を多く含んだ多価有機酸である。土壌由来のフルボ酸の例では、[[炭素]]を35~42%、[[水素]]を3~6%、[[窒素]]を約1%、[[硫黄]]を約0.3~0.7%(それぞれ重量%)含有する。また、地下水由来のフルボ酸ではフェノール性水酸基をほとんど含まないとの報告もなされている。
 
== 化学成分 ==
市販されている「フルボ酸」を謳うサプリメント類の多くは、フルボ酸を含有するだけの粗生成物であり、多糖、フェノール性物質、たん白質などの非腐物質を多く含有すると推定される。フルボ酸の[[E4/E6比]]は[[フミン酸]]より高い
フルボ酸の[[E4/E6比]](便宜上、400nmにおける吸光度と600nmにおける吸光度の比)はフミン酸より高い。
 
== 関連項目 ==
匿名利用者