「真杉静枝」の版間の差分

 
== 著書 ==
*小魚の心(1938年)竹村書房 序[[坂口安吾]]
*草履を抱く女 』[[春陽堂]]、1939 
*その後の幸福 昭森社、1940 
*ひなどり(1939年)竹村書房
*万葉をとめ(1940年)[[人文書院]]      
*愛情の門(1940年)国際女性社
*歴史物語薄幸の姫宮(1940年)画[[高畠華宵]]、装丁[[蕗谷虹児]]
*甲斐なき羽撃き 随筆(1940年)協力出版社
*ことづけ(1941年)[[新潮社]]
*南方紀行(1941年)昭和書房
*天日爽やかに(1941年)墨水書房
*凱歌 報国社、1942 
*三つの誓ひ むらさき出版部、1942 
*鹿鳴館以後(1942年)[[実業之日本社]]
* 』[[博文館]]、1942 
*母と妻 全国書房、1943 
*帰休三日間(1943年)秩父書房
*松山氏の下駄
*思はれ人(1946年)丹頂書房
*鏡と鬘(1947年)前田出版社
*愛情の門(1948年) 国際女性社 
*花怨 (1948年) 六興出版部 
*美くしい人 (1948年) 京都印書館 
*後宮の人 (1948年) 九州書房 
*仇ごよみ(1948年)鏡書房 
*夜会服の乙女(1949年)
*嵐の中の姉妹 』[[偕成社]]、1949 
*小説人生案内(1951年)四季社
 
== 訳書 ==
匿名利用者