「マルチリンク式サスペンション」の版間の差分

→‎解説: 車種ないしブランドを指しているならば「スバル」だが、「自社」という表現があるのだからここでは会社名(過去のことであるから、社名変更前の)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
(→‎解説: 車種ないしブランドを指しているならば「スバル」だが、「自社」という表現があるのだからここでは会社名(過去のことであるから、社名変更前の))
マルチリンク式は基本的に「仮想転舵軸(仮想キングピン)を持った構造」とされているが、厳密な定義がないため「ダブルウィッシュボーンの延長線上にある形式」と書かれた資料もある。
 
996型[[ポルシェ・911]]のように、I アームとセミトレーリングアームを組み合わせたようなものでも「仮想転舵軸」が存在するので、あくまで複数(主に4本以上)のアームによって構成されたサスペンションの総称というわけではない。マルチリンクのリンク数を減らしたデュアルリンク式もマルチリンクの1種と捉えられることがあるが、こちらの採用例はあまり多くはなく、特に軽自動車に至っては[[スバルSUBARU|富士重工(現SUBARU)]]が自社生産時代に独占的に採用していたのがほぼ唯一である
 
== 関連項目 ==