「エリック・クラプトン」の版間の差分

m
* [[ジョン・レノン]] - [[ビートルズ]]のギタリストで中心的人物の一人。ジョンのソロ・プロジェクトである[[ザ・ダーティー・マック]]や[[プラスティック・オノ・バンド]]に参加し、ライブやレコーディングを残している。
* [[ピート・タウンゼント]] - [[ザ・フー]]のギタリストで、薬物依存症だったクラプトンを支えた人物。
* [[パティ・ボイド]] - ジョージ・ハリスンの元妻。クラプトンの前妻。「[[いとしのレイラ]]」は彼女に対する想いを綴ったもの<ref group="注">結婚直後にクラプトンは浮気をしている。</ref>
* [[ネイザン・イースト]] - 近年のツアー・ベーシスト
* [[スティーヴ・ガッド]] - 近年のツアー・ドラマー
* [[アンディ・フェアウェザー・ロウ]] - 近年のツアー・ギタリスト。
* [[スティーヴ・ウィンウッド]] - [[ブラインド・フェイス]]以前からの友人で、ライブやレコーディングでも共演。
* [[B.B.キング]] - [[1998年]]公開の[[アメリカ映画]][[ブルース・ブラザース2000]]で共演。[[2000年]]には、キングと共に「[[Riding with the King]]」を共作している。クラプトンにとって憧れのブルースマンの一人。
* [[キース・リチャーズ]] - 半世紀以上に渡っての友人。[[ローリング・ストーンズ]]のギタリストで中心的人物の一人。[[ジョージ・ハリスン]]と共に互いに兄弟と呼ぶ仲でもある。この知己により、[[ローリング・ストーンズ]]のライヴにたびたびゲスト参加している。また、お互いに幼い息子を亡くすという経験を持っているため、クラプトンのことを気遣い、支えたという。
*[[金正哲]] - エリック・クラプトンの大ファン。彼が[[ピョンヤン]]で公演できないかを韓国側に打診するよう要望したとされているが、クラプトン側が「独裁体制で公演した初の有名ミュージシャン」になるのを嫌がり取り消された。
3,396

回編集