「クレヨン」の版間の差分

編集の要約なし
[[ファイル:Guadeloupe5.jpg|thumb|right|クレヨンを使った絵]]
[[ファイル:Nude drawing, Arpad1.jpg|thumb|right|クレヨンの[[撥水]]性を利用した描画]]
'''クレヨン'''({{lang-en-shortfr|crayon de cire}}wax crayon)は、溶かした[[蝋]]と[[顔料]]、[[炭酸カルシウム]]や[[タルク]]などの体質顔料を混ぜて棒状に冷やし固めた[[画材]]である。
 
[[エンカウスティーク]]を原型とし、[[レオナルド・ダ・ヴィンチ]]の手記に類似画材の製法が記載されるなど成立には諸説あるが、現代の様式のものは[[19世紀]]に[[フランス]]で発明された<ref name="JCCMA">[http://www.jccma.jp/5.html#8 Q&Aコーナー 8.クレヨンとパスの起源と歴史], 日本絵具クレヨン工業協同組合, 2015年9月11日閲覧.</ref><ref name="Kamegawa2002">亀川學, [https://www.jstage.jst.go.jp/article/shikizai1937/75/10/75_500/_article/references/-char/ja/ 絵具講座 (第VIII講) クレヨン・パス], ''J. Jpn. Soc. Colour Mater. (色材)'', '''75''' (10), pp. 500-504, 2002.</ref>。アメリカでは[[1903年]]にビニー&スミスが「{{仮リンク|クレヨラ|en|Crayola}}」クレヨンを生産、日本では[[大正]]時代に[[山本鼎#自由画教育運動|自由画教育]]を機に普及した。
, [http://www.craypas.com/target/senior/colum/0805.php サクラコラム「クレパス・クレヨンはどう違う」], 株式会社サクラクレパス, 2015年9月11日閲覧.</ref>。日本ではオイルパステルの製法を一部取り入れて面描適性を改善した軟質クレヨンが1957年に開発され、以来主流として普及している<ref name="Kamegawa2002" />。
 
‘crayon’{{fr|crayon}} フランス語の‘craie’( {{fr|‘craie’}}([[白亜]])に[[接尾辞]]‘on’( {{fr|‘on’}}(小片)が組み合わさった言葉で、元来は固形描画材一般に使われる<ref name="JCCMA" /><ref name="Kamegawa2002" />。欧米では‘crayon’ {{en|crayon}} が[[鉛筆]]を指したり、棒状の画材諸々が「[[木炭#美術用|チャコール]]クレヨン」や「[[コンテ]]クレヨン」などと呼ばれることがあるが、それぞれ蝋製のクレヨンとは区別される<ref>[http://cameo.mfa.org/wiki/Crayon Crayon], ''Conservation & Art Materials Encyclopedia Online'', Museum of Fine Arts Boston, 2015年9月11日閲覧.</ref>。
 
== 種類 ==
通常のタイプの他に各種が各社から販売されている。
 
* '''太巻き''' - 太い線や面塗りに適しており、折れにくい
* '''水性''' - 水や石鹸で落とす事が可能
[[Category:画材]]
[[Category:筆記具]]
[[Category:フランス語の語句]]
[[Category:フランス語由来の外来語]]