「ボイスオーバー」の版間の差分

m
 
== 翻訳音声におけるボイスオーバー ==
翻訳音声において、原語の音声を小音量で残しつつ、翻訳された音声をボイスオーバーで重ねる手法がある。これは本人による発話を模す[[吹き替え]]とは異なり、[[リップシンク]]でなかったり、同一担当者が複数人物の音声を担当したり、場合や風習によっては原語と性別が異なることも許容される<ref>Jessica Rietveld (2008) 'The Mind of a Subtitler: Translation Strategies Employed in Subtitling Crime and Comedy'.</ref><ref>{{Cite web |author={{仮リンク|Amir Hassanpour|en|Amir Hassanpour}} |date= |url=http://www.museum.tv/eotv/voice-over.htm |title=The Museum of Broadcast Communications - Encyclopedia of Television - Voice-Over |publisher={{仮リンク|放送通信博物館|en|Museum of Broadcast Communications}} |accessdate=2014-05-20}}</ref>。[[日本]]や[[アメリカ]]では[[ニュース]]や[[ドキュメンタリー]]でのインタビュー場面など情報を伝える目的で用いられる手法であるが、[[ロシア]]や[[ポーランド]]、[[バルト三国|バルト国]]、[[バルカン半島]]の国々においては映画の翻訳でも用いられる<ref>{{Cite book |editor=Jorge Díaz Cintas, Gunilla Anderman |year=2009 |title=Audiovisual Translation: Language Transfer on Screen |publisher={{仮リンク|パルグレイブ・マクミラン|en|Palgrave Macmillan}} |isbn=978–0–230–01996–6978-0-230-01996-6}}</ref>。ポーランドでのボイスオーバー声優は特にlektorと呼ばれ演技はせず全編を単独担当する<ref>{{Cite web |author=Aaron O. Patrick |date=2007-10-12 |url=http://online.wsj.com/news/articles/SB119215016517556740 |title=On Polish TV, Desperate Wives Sound Like Guys: Voice-Over Artists Strive To Keep Dialogue Flat; The Horror of Emoting |publisher=[[ウォール・ストリート・ジャーナル]] |accessdate=2014-05-20}}</ref>。
 
現在、[[海外ドラマ]]や外国[[映画]]の日本語版音声では吹き替えが使われるのが一般的だが、[[1950年代]]に始まった海外ドラマ放送の黎明期では日本語吹き替えではなく、原語音声を流しながら解説のような形で日本語をかぶせるボイスオーバーの手法も使われていた。しかし原語音声のために日本語音声が聞き取りづらくなる弊害のため、すぐに日本語だけの吹き替えになった<ref>阿部邦雄編著『TV洋画の人気者 声のスターのすべて』[[近代映画社]]、1979年、p.261。声優の[[中村正 (声優)|中村正]]のインタビューでの証言。</ref>。その後はボイスオーバーは、ニュースやドキュメンタリーで使われることがほとんどだが、[[2003年]]公開の映画『[[ラストサムライ]]』DVD版の日本語吹き替え音声のように例外的にボイスオーバー形式が採用されるものもある。