「神岡町立茂住小学校」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 概要 ==
* 旧・吉城郡[[船津町 (岐阜県)|船津町]]の小学校であり、東茂住・西茂住・谷・中山などが校区であった。1984年に[[飛騨市立神岡東小学校|神岡東小学校]]に統合され廃校。
* 1947年から1968年までは[[神岡町立茂住中学校|茂住中学校]]を併設し、茂住小中学校とも称した。
* 跡地は神岡町北部会館になっている。神岡町北部会館は2012年から一部が[[重力波検出器|重力波望遠鏡]][[KAGRA]]の建設拠点として使用されていたが、2018年に全面改修し、全館がKAGRAの研究施設([[東京大学宇宙線研究所]]宇宙基礎物理学部門・重力波グループ神岡オフィス)となっている<ref>[https://gwcenter.icrr.u-tokyo.ac.jp/archives/2551 神岡町北部会館の全館を改修し、KAGRAの研究スペースを拡張(KAGRA)]</ref>。
 
* [[1913年]](大正2年) - 校舎を全焼(1924年再建)。
* [[1941年]](昭和16年)4月1日 - 茂住国民学校に改称する。
* [[1947年]](昭和22年)4月1日 - 船津町立茂住小学校に改称する。
** 船津町立茂住小学校に改称する。
** [[飛騨市立神岡中学校#沿革|船津町立茂住中学校]]が開校し、茂住小学校に併設される。
* [[1950年]](昭和25年)6月10日 - 船津町、[[阿曽布村]]、[[袖川村]]が合併し、神岡町が発足。同時に神岡町立茂住小学校に改称する。
* [[1963年]](昭和38年)3月 - [[神岡町立茂住小学校谷分校|谷分校]]を廃止。谷・中山地区の児童は富山県[[婦負郡]][[細入村]](現・[[富山市]])へ委託<ref group="注釈">神岡町谷・中山地区の細入村・大沢野町(現・富山市)への児童生徒への委託は、飛騨市発足後も行われている。[http://www.city.hida.gifu.jp/uploaded/attachment/2463.pdf 飛騨市合併協定書]</ref>。
* [[1968年]](昭和43年)3月 - 茂住中学校が[[飛騨市立神岡中学校|神岡中学校]]に統合され廃校。茂住小学校は単独校となる。
* [[1984年]](昭和59年)3月 - [[飛騨市立神岡東小学校|神岡東小学校]]に統合され廃校。