「ヒッポリュテー」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (言語ラベル・Category追加ほか)
m編集の要約なし
 
=== テーセウスとヒッポリュテー ===
同じくアポロドーロスの「摘要(エピトメー)」によると、ヘーラクレースのアマゾーン遠征に参加した[[テーセウス]]がひとりのアマゾーンをさらった<ref>『ギリシア神話』E.1.16-17, E.5.1-2</ref><ref>{{efn2|ヒュギーヌスでは、ヘーラクレースがヒッポリュテーから女王の帯を奪い取り、そのとき捕虜にしたアンティオペーをテーセウスに譲ったとしている。</ref>}}
 
さらわれたアマゾーンの名は一般に[[アンティオペー]]とされるが、メラニッペーまたはヒッポリュテーあるいはグラウケーとする説もある<ref>{{efn2|アポロドーロスは、「シモーニデスによれば」ヒッポリュテーであるとしている。</ref>}}。このため、アマゾーンの大軍が[[アテーナイ]]に押し寄せ、アレースの丘に陣取った。アマゾーンたちの指揮を執ったのは、アンティオペーの姉妹の[[オーレイテュイア]]で、[[スキュティア]]人と同盟したという<ref>ロバート・グレーヴス『ギリシア神話』第100話「テーセウスとアマゾーンたち」</ref>。4ヶ月間に及ぶ激戦の結果、アテーナイが勝利した。
 
このアマゾーンとテーセウスとの間に[[ヒッポリュトス (神話)|ヒッポリュトス]]が生まれた。しかし、後にテーセウスが[[ミーノース]]の娘[[パイドラー]]と結婚したとき、彼女は他のアマゾーンたちとともにテーセウスを襲った。彼女はこの戦闘でテーセウスに殺された、あるいはアマゾーンたちの襲撃を知ったテーセウスの仲間が急いで扉を閉め、屋内で彼女を殺したともいう。別の説では、彼女はテーセウスの側についてアマゾーンたちと戦って死んだ、または[[ペンテシレイア]]が誤ってヒッポリュテーを殺したともされる。
 
== イーピトスの妻 ==
ヒュギーヌスは、ナウボロスの子[[イーピトス]]([[アルゴナウタイ]]のひとり)の妻としてヒッポリュテーの名を挙げている<ref>『ギリシャ神話集』第97話「トロイアに出征した戦士、船の数」</ref>。このヒッポリュテーとアマゾーンの関係は不明である。イーピトスの子に[[スケディオス]]と[[エピストロポス]]がある。二人は[[ヘレネー]]への求婚者であり、船40艘を率いて[[トロイア戦争]]に参戦した<ref>『イーリアス』第2歌517-526行では{{efn2|[[ポーキス]]から、ヒュギーヌスでは[[アルゴス (ギリシャ)|アルゴス]]から参加したとされる。<ref>『イーリアス』第2歌517-526行</ref>}}。スケディオスは[[ヘクトール]]に討たれた<ref>『イーリアス』第17歌304-311行</ref>。
 
== 脚注 ==
=== 注釈 ===
<references />
{{notelist2}}
=== 出典 ===
{{reflist|2}}
 
== 参考文献 ==