「Cksum (UNIX)」の版間の差分

説明追記・雛形化
(ちょっと追記(参照など))
(説明追記・雛形化)
{{小文字}}
'''{{en|cksum}}'''コマンドは[[Unix系オペレーティングシステム]]のコマンドであり,ファイルの[[巡回冗長検査]]を算出する。
'''{{en|chksum}}'''コマンド
cksumコマンドは[[Single UNIX Specification]] ({{en|IEEE Std 1003.1-2008}}) で定められている。
 
{{en|check sum}}('''[[検査合計]]''')という英語に由来する名前ではあるが,実際は巡回冗長検査を算出する。
 
== 使用法 ==
オプションは取らず{{efn|一部のシステムでは{{code|--help}}などプロジェクトの共通オプションを取りうる{{sfn|GNU}}。}},対象のファイル郡を第1引数に指定する{{sfn|OG}}{{rp|at=SYNOPSIS}}。
ファイルが指定されなければ[[標準出力]]を入力と見做す{{sfn|OG}}{{rp|at=OPERANDS}}。
{{sxhl|lang=console|code=
$ cksum [ファイル...]
}}
 
出力は,巡回冗長検査及び各ファイルの容量である{{sfn|OG}}{{rp|at=STDOUT}}。
== 実装 ==
巡回冗長検査には[[巡回冗長検査#主な標準CRC|幾つか変種がある]]が,cksumコマンドは[[国際標準化機構]]及び[[国際電気標準会議]]が'''ISO/IEC 8802-3''':1996「情報技術――システム間の遠距離通信及び情報交換――局所及び都市圏ネットワーク――特定の要件――3部: 衝突検出 (CSMA/CD) アクセス手法を用いた媒体検知多重アクセス及び物理層の仕様」で定めるCRC誤り検出に用いられる[[多項式]]に基づいている{{sfn|OG}}{{rp|at=DESCRIPTION}}。
* [http://git.savannah.gnu.org/cgit/coreutils.git/tree/src/cksum.c GNUの実装]
多項式は以下の通り:
* [http://cvsweb.openbsd.org/cgi-bin/cvsweb/src/usr.bin/cksum/ OpenBSDの実装]
: {{math|G({{mvar|x}}) {{=}} {{mvar|x}}{{sup|32}} + {{mvar|x}}{{sup|26}} + {{mvar|x}}{{sup|23}} + {{mvar|x}}{{sup|22}} + {{mvar|x}}{{sup|16}} + {{mvar|x}}{{sup|12}} + {{mvar|x}}{{sup|11}} + {{mvar|x}}{{sup|10}} + {{mvar|x}}{{sup|8}} + {{mvar|x}}{{sup|7}} + {{mvar|x}}{{sup|5}} + {{mvar|x}}{{sup|4}} + {{mvar|x}}{{sup|2}} + {{mvar|x}} + 1}}
 
== 実装 ==
* [{{URL|http://git.savannah.gnu.org/cgit/coreutils.git/tree/src/cksum.c cksum.c}} - [[GNUプロジェクト]]による実装]
* [{{URL|http://cvsweb.openbsd.org/cgi-bin/cvsweb/src/usr.bin/cksum/}} - [[OpenBSD]]プロジェクトによる実装]
 
== 脚注 ==
=== 注釈 ===
{{notelist}}
 
=== 出典 ===
{{reflist|15cm}}
 
== 参考文献 ==