「日本テレビ動画」の版間の差分

 
== 概要 ==
代表作に[[日本テレビ放送網|日本テレビ]]初の国産テレビアニメシリーズ『[[戦え!オスパー#テレビアニメ版|戦え!オスパー]]』や『[[週刊少年ジャンプ]]』原作アニメ第1号の『[[男一匹ガキ大将]]』をはじめとする[[日本テレビ系列夕方6時35分枠の帯アニメ|日本テレビ系平日夕方放送の帯アニメ]]、[[谷岡ヤスジ]]原作の長編[[アニメーション映画|劇場用]][[アダルトアニメ]]『[[ヤスジのポルノラマ やっちまえ!!]]』、[[藤子不二雄]]原作の『[[ドラえもん (1973年のテレビアニメ)|ドラえもん]]』(第1作)等があり、下記の通り前身会社が設立当時日本テレビと専属契約を結んでいたためか同社との関係が深かったが、[[子会社]]ではなく、資本関係はなかった模様。社名も「日本テレビ」+「動画」ではなく、実際は「日本」+「テレビ動画」を意味していた。
 
ルーツは「'''[[国映|国映株式会社]]'''」という[[教育映画]]や[[ピンク映画]]を製作していた[[制作プロダクション]]が、[[1965年]]頃に同社のテレビ製作部門だった[[国映#日本放送映画|日本放送映画]]の中に、日本テレビ専属のアニメ制作部門を立ち上げたことである<ref name="andop66">安藤、2008年、p.66 - 67</ref>。[[1966年]]には、このアニメ制作部門は日本放送映画の関連会社である有限会社'''日放映動画スタジオ'''として独立した<ref name="andop66"/>。中心人物は、[[東京ムービー]]出身の[[岡本光輝]]と[[新倉雅美]](別名・渡邊清)だった<ref name="andop66"/>。しかし、『[[冒険少年シャダー]]』で納品数が不足するトラブルを起こしたことがあり、それがきっかけで新たに新倉が'''東京テレビ動画'''を[[狛江市]]に立ち上げたという<ref name="andop66"/>。