「創世記」の版間の差分

m
リンク追加
m (リンク追加)
{{旧約聖書}}
[[ファイル:Michelangelo Buonarroti 018.jpg|right|200px|thumb|光と闇の分離]]
『'''創世記'''』(そうせいき、[[ヘブライ語]]:{{Lang|he|בראשית}}、[[ギリシア語]]:{{lang|el|Γένεσις}}、{{Lang-en-short|Genesis}})は、[[古代ヘブライ語]]によって記された、[[ユダヤ教]]、[[キリスト教]]の聖典で、[[イスラム教]]の[[啓典]]である[[聖書]]([[旧約聖書]])の最初の書であり、[[正典]]の一つである。[[写本]]が現存しており、[[モーセ]]が著述したとされている。いわゆる[[モーセ五書]]は、[[ユダヤ教]]においては[[トーラー]]と呼ばれている。
 
『創世記』はヘブライ語では冒頭の言葉を取って{{Rtl-lang|he|בראשית}}(ベレシート)と呼ばれているおり、これは「はじめに」を意味する。また、ギリシア語の[[七十人訳聖書|七十人訳]]では、2章4節{{Refnest|group="注"|「これが天地創造の由来である。」<ref>{{Cite web |url=https://ja.wikisource.org/wiki/%E5%89%B5%E4%B8%96%E8%A8%98(%E5%8F%A3%E8%AA%9E%E8%A8%B3)#2:4|title=口語訳聖書『創世記』2章4節|publisher=Wikisource|accessdate=2017年12月12日}}</ref><br>原文:“{{lang|el|Αὕτη ἡ βίβλος '''γενέσεως''' οὐρανοῦ καὶ γῆς, ὅτε ἐγένετο}}”<ref>{{Cite web |url=https://el.wikisource.org/wiki/%CE%93%CE%AD%CE%BD%CE%B5%CF%83%CE%B9%CF%82#%CE%9A%CE%B5%CF%86%CE%AC%CE%BB%CE%B1%CE%B9%CE%BF%CE%BD_%CE%B2%27|title={{lang|el|Γένεσις, Κεφάλαιον β'}}(七十人訳聖書『創世記』2章)|publisher=Wikisource|accessdate=2017年12月12日}}</ref>}}からとって{{lang|el|Γένεσις}}(ゲネシス)と呼ばれており<ref>Carr 2000, p.491.</ref>、「起源、誕生、創生、原因、開始、始まり、根源」の意である<ref>{{Cite web|url=http://stephanus.tlg.uci.edu/lsj/#eid=22573&context=lsj&action=from-search|title={{lang|el|Γένεσις}} - LSJ The Online Liddell-Scott-Jones Greek English Lexicon|accessdate=2017年12月12日|publisher=Thesaurus Linguae Graecae|language=英語}}</ref>。
25,625

回編集