「メビウス (たばこ)」の版間の差分

→‎概要: 誤字訂正します 予備知識付け加えます お願いします
(→‎概要: 誤字訂正します 予備知識付け加えます お願いします)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
== 概要 ==
'''マイルドセブン'''は、[[セブンスター]](通称セッター)のマイルドバージョンとして国内で[[1977年]](昭和52年)、海外でも[[1981年]](昭和56年)に発売された。日本で初めてアメリカンブレンドで[[紙巻きたばこ|チャコールフィルター]]を採用したブランドである(経緯については下記)。発売当初は[[セブンスター]]と類似した星に7をあしらったデザインであったが、[[1994年]](平成6年)にJTが[[フォーミュラ1|F1]]参戦ブランドを[[キャビン (たばこ)|キャビン]]からマイルドセブンへ変更したことにあわせて、白地の左側縦青帯デザインに変更された。これに際してテレビCMで「マイルドセブンの青い世界」という宣伝文句が使用され、以後、青がマイルドセブンのイメージカラーとなっていく。
 
現在のトレードマークであるブルー・ウィンドは[[2003年]](平成15年)のF1日本グランプリで先行的に発表され、同年発売の新製品(ワン・ソフト及びプライム・スーパーライト・ボックス)で利用された後、[[2004年]](平成16年)にソフト製品及びワンのボックスが、[[2006年]](平成18年)に3~10mgのボックス製品がデザイン変更された(ただしFKおよびスペシャルライトは販売終了時まで従来のままのデザインであった)。なお、その後も2度デザイン変更が実施されている。また、以前はパッケージの種類(ソフトパックとボックス)によって価格やニコチン・タール値が異なっていることが多かったが、[[2006年]](平成18年)7月のたばこ価格改定に合わせ、価格やニコチン・タール値を統一した。[[2007年]](平成19年)6月にはマイルドセブン30周年記念を迎えた。
* 営業的には欧米ではプレーンフィルターのほうが支持率が高くチャコールフィルターは邪道という意見が多い。
 
同時期、「マリーナ」(事実上マイルドセブンの先代)のリニューアル案を考えていた際、開発者がマリーナにセブンスターのフィルターをセロテープで貼り合せて吸ってみたものが、上記の理論的には矛盾していたものの評判が良く商品化のメド目処が立った。こうして、国内初の「アメリカンブレンド+チャコールフィルター」が生まれたが、商品名をブレンドのベースであるチェリー派生にするかフィルターのベースであるセブンスター派生にするかで議論になった。最終的には当時勢いのあったセブンスターの派生銘柄で発売することになった。
 
== 年表 ==
55

回編集