「スルタン・アブドゥル・サマド・ジャメ・モスク」の版間の差分

m
脚注エラー修正
(欠けていたテンプレートなどを貼りなおす)
m (脚注エラー修正)
 
}}
 
'''スルタン・アブドゥル・サマド・ジャメ・モスク'''(ジャメ・モスク、マスジッド・ジャメとも。{{Lang-ms|Masjid Jamek Sultan Abdul Samad}}、[[ジャウィ文字]]:مسجدجامعسلطانعبدالصمد)は、[[マレーシア]]の[[クアラルンプール]]にある最も古い[[モスク]]のひとつである<ref>{{Cite web|title=Jamek Mosque|url=http://www.tourism.govmalaysia.mytravel/en/my/web-pagejp/places/states-of-malaysia/kuala-lumpur/jamek-mosque?page=/3|website=Tourism Malaysia|accessdate=25 May 2014|archiveurl=https://web.archive.org/web/20140525195415/http://www.tourism.gov.my/en/my/web2019-page/places/states09-of-malaysia/kuala-lumpur/jamek-mosque?page=%2F321|archivedatepublisher=25 MayTourism 2014Office}}</ref>。[[クラン川]]と[[ゴンパック川]]の合流地点にあり、ジャラン・トゥン・ペラ(トゥン・ペラ通り)からアクセスすることができる。モスクはアーサー・ベニソン・ハバックによって設計され、1909年に建造された。
 
「ジャメ」とは、人々が礼拝に集まる場所を意味する[[アラビア語]](جامع)に相当するマレー語である<ref name="travel guide">{{Cite web|url=http://www.malaysia-travel-guide.com/masjid-jamek.html|title=Masjid Jamek, a beautiful mosque surrounded by the city|website=Malaysia Travel Guide|accessdate=2019-09-21|publisher=|archiveurl=https://web.archive.org/web/20110601215128/http://www.malaysia-travel-guide.com/masjid-jamek.html|archivedate=2011-06-01}}</ref>。
== 歴史 ==
[[ファイル:Cmglee_KL_Masjid_Jamek_confluence.jpg|左|サムネイル| ゴンパック川とクラン川の合流点にあるジャメ・モスクの眺め ]]
モスクは、クラン川とゴンバック川の合流点にある、古いマレー人向け埋葬地のあった場所に建てられ、ジャメ・モスクと名付けられた<ref name="gullick 2000">{{Cite book|title=A History of Kuala Lumpur 1856-1939|last=J.M. Gullick|year=2000|publisher=The Malaysian Branch of the Royal Asiatic Society|page=164}}</ref><ref>{{Cite web|url=https://www.thestar.com.my/metro/community/2016/04/13/rocksolid-proof-of-200yearold-graves-experts-urge-authorities-to-be-transparent-over-discovery-of-ar/|title=Rock-solid proof of 200-year-old graves|accessdate=2019-09-21|publisher=the Star|author=Bavani M|date=2016-04-13|website=the Star Online}}</ref>。ジャラン・トゥン・ペラ及びマレーストリート近辺には、それ以前からもマレー人コミュニティのためのモスクがいくつかあったものの、ジャメ・モスクは大規模なモスクとしてクアラルンプールに建造された最初のものである。モスクの礎石は、1908年3月23日に[[セランゴール州|セランゴール]]の[[スルタン]]によって敷設され、モスクは1909年12月23日に正式に公開された<ref name="insider">{{Cite book|url=https://books.google.com/books?id=rRCJAAAAQBAJ&pg=PA38&lpg=PA38#v=onepage&q&f=false|title=Insider's Kuala Lumpur (3rd Edn): Is No Ordinary Travel Guide. Open Your Eyes to the Soul of the City|last=Lam Seng Fatt|publisher=Marshall Cavendish International Asia Pte Ltd|edition=3rd Revised|date=15 October 2011|isbn=9789814435390|pages=38&ndash;39}}</ref><ref name="utusan">{{Cite news|url=http://ww1.utusan.com.my/utusan/Bicara_Agama/20130227/ba_02/Masjid-warga-kota|newspaper=Utusan Online|title=Masjid warga kota|date=27 February 2013|archiveurl=https://web.archive.org/web/20160821061358/http://ww1.utusan.com.my/utusan/Bicara_Agama/20130227/ba_02/Masjid-warga-kota|archivedate=2016-08-21|accessdate=2019-09-21|language=Malay}}</ref>。モスクの建設には32,625ドルの費用を要し、その一部は英国植民地政府からの寄付を受けたマレー人コミュニティの資金により賄われた<ref name="travel guide">{{Cite web|url=http://www.malaysia-travel-guide.com/masjid-jamek.html|title=Masjid Jamek, a beautiful mosque surrounded by the city|website=Malaysia Travel Guide}}</ref>。建築家はアーサー・ベニソン・ハバックで、インドのイスラム王朝[[ムガル帝国]]の建築様式を用いてこのモスクを設計した<ref>{{Cite book|last=Malaysian Institute of Architects|title=Architectural Heritage: Kuala Lumpur - Pre-Merdeka|year=2007|publisher=Pertubuhan Akitek Malaysia}}</ref>。ジャメ・モスクは、1965年に[[マスジッド・ネガラ]]が建てられるまで、クアラルンプールの主要なモスクとしての役割を果たした。
 
モスクはその後増築により規模が拡張されており、現在はオープンエアになっている前庭も、当初は屋根で覆われていた<ref name="kl walk">{{Cite book|url=https://books.google.com/books?id=Ex0dAwAAQBAJ&pg=PT48#v=onepage&q&f=false|title=A Walking Tour Kuala Lumpur|edition=2nd|author=Audrey Southgate, Gregory Byrne Bracken|publisher=Marshall Cavendish Editions|date=15 January 2014|isbn=9789814516945}}</ref>。モスクのドームの1つは、1993年に大雨のために崩壊したが、その後修復された<ref name="insider">{{Cite book|url=https://books.google.com/books?id=rRCJAAAAQBAJ&pg=PA38&lpg=PA38#v=onepage&q&f=false|title=Insider's Kuala Lumpur (3rd Edn): Is No Ordinary Travel Guide. Open Your Eyes to the Soul of the City|last=Lam Seng Fatt|publisher=Marshall Cavendish International Asia Pte Ltd|edition=3rd Revised|date=15 October 2011|isbn=9789814435390|pages=38&ndash;39}}</ref>。
ジャメ・モスクの設計様式は、[[ムーア人|ムーア様式]]、インド・サラセン様式、またはムガル様式と説明されている<ref>{{Cite book|last=Malaysian Institute of Architects|title=Architectural Heritage: Kuala Lumpur - Pre-Merdeka|year=2007|publisher=Pertubuhan Akitek Malaysia|pages=20}}</ref>。ハバックはまた、[[クアラルンプール駅]]や、クアラカンサーにあるウブディア・モスクなど、多くの建物を類似の建築様式で設計している。
 
ジャメ・モスクは、小さな[[ミナレット]]と、2つの主要なミナレットを有している。レンガと石膏で形成された、ミナレットのピンクと白の縞模様は、「血と包帯」と呼ばれている<ref name="kl walk">{{Cite book|url=https://books.google.com/books?id=Ex0dAwAAQBAJ&pg=PT48#v=onepage&q&f=false|title=A Walking Tour Kuala Lumpur|edition=2nd|author=Audrey Southgate, Gregory Byrne Bracken|publisher=Marshall Cavendish Editions|date=15 January 2014|isbn=9789814516945}}</ref><ref>{{Cite web|url=https://museumvolunteersjmm.com/2014/06/22/hubback-walk/|title=Hubback Walk|website=Museum Volunteers, JMM|accessdate=2019-09-21|publisher=}}</ref>。モスクには3つのドームがあり、最大のドームは{{Convert|21.3|m|ft|0}}の高さである。礼拝堂はドームの下にある<ref name="travel guide">{{Cite web|url=http://www.malaysia-travel-guide.com/masjid-jamek.html|title=Masjid Jamek, a beautiful mosque surrounded by the city|website=Malaysia Travel Guide}}</ref>。
 
ジャメ・モスクは1984年に改築された。川に最も近いミナレットはすでに傾斜していたため、補強がなされた。
 
ジャメ・モスクの近くには、[[ラピドKLクラナ・ジャヤ線]]並びに[[ラピドKLアンパン線|ラピドKLアンパン線及びスリ・プタリン線]]の[[マスジット・ジャメ駅|マスジッド・ジャメ駅]]がある。駅は[[中華街|チャイナタウン]]とリトルインディアの間にある。[[ムルデカ・スクエア (マレーシア)|ムルデカ・スクエア]]からも近い。
 
*
 
== ギャラリー ==
1,120

回編集