「1/2」の版間の差分

*1 ÷ [[2]] に等しい。
*0 と 1 の[[算術平均|相加平均]]に等しい。
*[[偶数]]進法であれば、{{sfrac|1|2}}は割り切れる小数になる。しかし、[[三進法]]など[[奇数]]進法では {{sfrac|1|2}} は割り切れない小数になる。
*{{sfrac|1|2}} = 0.5
**他の進数においては {{sfrac|1|2}} = 0.1{{sub|(2)}} = 0.<u>1</u>111{{sub|(3)}} = 0.3{{sub|(6)}} = 0.4{{sub|(8)}} = 0.<u>4</u>444…{{sub|(9)}} = 0.5{{sub|(10)}} = 0.6{{sub|(12)}} = 0.<u>7</u>777{{sub|(15)}} = 0.8{{sub|(16)}} = 0.9{{sub|(18)}} = 0.A{{sub|(20)}} になる。(下線部は循環節)
*[[偶数]]に {{sfrac|1|2}} を乗じた値は[[整数]]であり、[[奇数]]に {{sfrac|1|2}} を乗じた値は[[半整数]]である。また、[[単偶数]]に {{sfrac|1|2}} を乗じた値は奇数である。
*[[算術|四則演算]]において、÷ 2 は × {{sfrac|1|2}} と同じ意味である。
匿名利用者