「マージ・アル・サファーの戦い (1303年)」の版間の差分

編集の要約なし
|}}
 
'''マージ・アル・サファーの戦い (1303年)''' ({{lang-arz|معركة مرج الصفر}}) ({{lang-mn|Марж ал-Саффарын тулалдаан}}) あるいは'''シャカブの戦い'''は、[[1303年]][[4月20日]]から[[4月22日|22日]]にかけてに起こった、[[イスラム教|イスラム]]の[[マムルーク朝]]と[[モンゴル帝国|モンゴル]]の[[イルハン朝]]およびその属国[[キリキア・アルメニア王国|アルメニア]]との間で、[[シリア]]の直ぐ南の{{ill2|アル・キスワ|en|Al-Kiswah}}で起こった戦いとして知られている。戦いはモンゴル軍の惨憺たる敗北に終わり、[[ガザン|ガザン・ハン]]率いるイルハン朝のシリア侵入に終止符を打った。
 
== 戦前のモンゴルとムスリム国家との対立 ==
{{モンゴル帝国の対外戦争}}
 
{{デフォルトソート:まあしあるさふああのたたかい}}
[[Category:1303年の戦闘]]
[[Category:モンゴル帝国の戦闘]]
匿名利用者