「アウトサイドヒッター」の版間の差分

編集の要約なし
アマチュアレベルでは、[[セッター (バレーボール)|セッター]]が前衛においてライト側にまわる都合上、セッター対角のオポジットの選手がライト側に、残る二人のアウトサイドヒッターがレフト側にまわってエースポジションとしてフォーメーションを組む場合が多い。そのため、レフトにまわるアウトサイドヒッターは右利きの選手が、ライトにまわるオポジットは左利きの選手が務めることが多いが、トップレベルのチームでは必ずしもこの原則が当てはまらない場合もあり、オポジットがレフトにまわるフォーメーションを採用するチームもある。なお、非常に攻撃力が高く、チーム内でも打数の多いオポジットの選手を特に[[スーパーエース]]と呼ぶことがある。
 
==[[サーブレシーブのフォーメーションにおけるOHアウトサイドヒッターの役割]]==
かつてセッターを除く5人全員が担当したサーブレシーブ(サーブカット/レセプション)は、守備の分業化が進んだ結果、近年は3名で行う戦術が主流となっている。多くのチームは機動力のあるエースポジション(アウトサイドヒッター)2名をとリベロの3人をサーブレシーブ要員に充てている。ただし、サーブレシーブが不得手な選手がアウトサイドに入る場合には、その選手の代わりににオポジットの選手がサーブレシーブに参加する。実業団チーム各国の代表チームでは、ミドルブロッカーがサーブレシーブを担当することはほとんど無い。それゆえ、アウトサイドヒッターにおいて、サーブレシーブの能力は特に重視される。さらに言えば、アウトサイドヒッターが前衛に回った際も積極的にサーブレシーブに参加することを求められるため、レシーブを行った後にすみやかにスパイクの準備に入らなければならない。その結果として、アウトサイドヒッターと呼ばれるにも関わらず、左右のコートの外に大きく開いてオープントスを待つスタイルのスパイク助走はあまり見られなくなった。これらの事情から、サーブレシーブが上手な攻撃型のスパイカー⇒アウトサイドヒッター(レフト)、サーブレシーブは不得手だが、両サイドのオープントスや平行トスを打つことに長けたスパイカー⇒オポジット、基本的にサーブレシーブやディグが不得手なスパイカー⇒ミドルブロッカー、といった具合に分業化されるに至った。近年におけるバレーボールの分業化が加速したのは、リベロシステムの採用とサーブレシーブのフォーメーションに依るところが大きい。言い換えると、背は高いがレシーブの下手な選手はミドルブロッカーにまわされることになり、その選手が必ずしもクイックやブロックが上手であるとは限らないので、相対的にミドルブロッカーの技術低下を招いたという意見もある。
 
248

回編集