「アウトサイドヒッター」の版間の差分

編集の要約なし
 
==概要==
かつてはレフトないしはライトと呼ばれていたポジションであり、主に高めのオープントスや平行トス、時間差攻撃のセミクイック、バックアタック、ハイセット(二段トス)等の攻撃を担当する選手を指す。これまで、ウイングスパイカー(WS)という呼称を用いることが多かったが、近年になって日本バレーボール協会は用語統一のための指針を示し、[[ウイングスパイカー]]の呼称を用いずに[[アウトサイドヒッター]]を用いるよう通達を出した。基本的に[[ミドルブロッカー]](センタープレーヤー)以外のスパイカーはアウトサイドヒッターに分類されるが、セッターの対角に入るスパイカーは[[オポジット]](OP)と呼ばれて区別されることが多い。なお、一般にレフト側の攻撃を主に担うアウトサイドヒッターをエースアタッカー(エース)と呼ぶ(例えば[[石川祐希]]など)
 
アマチュアレベルでは、[[セッター (バレーボール)|セッター]]が前衛においてライト側にまわる都合上、セッター対角のオポジットがライト側に、残る二人のアウトサイドヒッターがレフト側にまわるフォーメーションを組む場合が多い。そのため、レフトにまわるアウトサイドヒッターは右利きの選手が、ライトにまわるオポジットは左利きの選手が務めることが多いが、トップレベルのチームでは必ずしもこの原則が当てはまらない場合もあり、オポジットがレフトにまわるフォーメーションを採用するチームもある。なお、非常に攻撃力が高く、チーム内でも打数の多いオポジットの選手を特に[[スーパーエース]]と呼ぶことがある。
248

回編集