「IBM 650」の版間の差分

リンク
(リンク)
 
==概要==
650は、[[IBM]]の[[パンチカード]]機器([[タビュレーティングマシン]]の進化した IBM 604 などの機械)のユーザーに対してまともな[[コンピュータ]]へのアップグレードパスを提供する目的で設計された。
同時期に科学技術計算用の[[IBM 701]]と、[[磁気テープ]]装置を基本としたビジネス用の[[IBM 702]]がリリースされたが、650が最も多く製造された。1958年までに800台が販売されたが、これは当時世界で販売されたコンピュータ全体の半分以上を占める台数である。[[トーマス・J・ワトソン・ジュニア]]はこれを「コンピュータ界の[[フォード・モデルT|T型フォード]]」と称した。<ref>{{cite book|last = Watson|first = Thomas Jr.|coauthors = Peter Petre|year = 1990年|title = 'Father and Son & Co.'|publisher = Bantam Press|location = [[ロンドン]]}} 244ページ</ref>
 
後継機は[[トランジスタ]]化した[[IBM 1401]]である。
 
== ハードウェア ==
650は、[[磁気ドラムメモリ]]を[[記憶装置]]に採用したバイクイナリ式[[二進化十進表現]]のマシンである。バイクイナリとは7[[ビット]][[十進数]]一桁を表すもので、7ビットのうち2ビットだけが常に1となっている。そのため、ビット化けが即座にわかるようになっている。
 
基本の650システムは以下の3つの機器筐体から構成される。
* 制御装置(Type 652)、補助装置(Type 653)、補助英字装置(Auxiliary Alphabetic Unit)(Type 654)、磁気テープ装置(Type 727)、問合せ端末(Type 838)
 
[[磁気ドラムメモリ]]には2000個の符号付十桁の[[ワード]]が格納できる(文字ならば、1ワードに5文字格納)。[[アドレス]]範囲は 0000 から 1999。しかし、この装置は必要なデータが格納されている部分が回転によってヘッドのところに来るまで読み書きできないため、非常に低速だった(平均アクセス時間は2.5ミリ秒)。このため、各[[命令 (コンピュータ)|命令]]ワード内の二つ目のアドレスは次に実行すべき命令のアドレスを格納するようになっていた。プログラムを最適化するには、前の命令の実行時間から次の命令語を置くべきドラム上の位置を計算してアドレスを求める必要があった。Table lookup という特殊な命令が用意されていて、与えられた10桁ワードを次の46ワードぶんのドラム上にあるワードと5ミリ秒間に比較し、次のトラックへ移る(トラックには1回転で50ワードが格納される)。<!-- 意味不明 This was a feat we (who??) could not match on our one-thousand times faster binary machine in 1963. -->
 
オプションの補助装置(Type 653)は[[1955年]][[5月3日]]にリリースされたもので、以下の3つの機能を持っていた。
* 60ワードぶんの容量の[[磁気コアメモリ]]。アドレスは 9000 から 9059。小さな高速メモリ[[記憶装置]](アクセス時間は96マイクロ秒で、ドラムの26倍の速さ)で、テープおよびディスクのI/O[[入出力]][[バッファ]]として必要とされた。
* 3個の4桁サイズのインデックス・[[レジスタ (CPU)|レジスタ]]。アドレスは 8005 から 8007。ドラムメモリやコアメモリを追加したとき、それらの拡張された空間にアクセスする手段として使われた。
*[[浮動小数点数|浮動小数点]]演算装置。8桁の仮数部と2桁の指数部のバイクイナリで浮動小数点数を表す。これで表せる範囲は &plusmn;0.10000000E-50 から &plusmn;0.99999999E+49 までである。
 
==ソフトウェア==
[[ソフトウェア]]としては、[[FORTRAN]]の一種 FORTRANSIT がある。これは、[[コンパイラ|コンパイル]]結果としてIT(Interpretive Language)を生成し、さらにそれを SOAP(Symbolic Optimized Assembler Program)というマシン[[機械]]に一対一対応する言語にコンパイルする。他に BLIS(Bell Laboratories Interpretive System)、SPACE(Simplified Programing Anyone Can Enjoy)などのコンパイラがあった。
 
==外部リンク==
585

回編集