「ON砲」の版間の差分

{{by|1980年}}、王・長嶋それぞれが監督辞任・現役引退したことにより巨人におけるON時代は終焉を迎えたが、2人の功績を讃え[[後楽園球場]]では1981年から閉場の1987年まで1番ゲートを「王ゲート」、3番ゲートを「長嶋ゲート」と称した。閉場して[[東京ドーム]]となってからはこのゲートは一旦姿を消すが、1998年の同球場開場10周年を記念して復活。また後楽園球場閉場の際は一塁ベースは王、三塁ベースは長嶋にそれぞれ寄贈されている。王・長嶋の背番号は何れも読売巨人軍の永久欠番であるが、同球団では2019年11月現在で存命の永久欠番認定者である。
 
[[2000年の日本シリーズ]]にて長嶋は巨人の監督、王は[[福岡ソフトバンクホークス|福岡ダイエーホークス]]の、長嶋は巨人の、それぞれ監督として対決することとなった(優勝は長嶋巨人)。この[[日本選手権シリーズ|日本シリーズ]]は21世紀に入っても「ON対決」として語り継がれている<ref>『[[ベースボールマガジン]]』2009年3月号の表紙は、[[平成]]年間の日本プロ野球のシーンとして同シリーズ開始にあたり、2人が握手している写真も掲載されている。</ref>。翌[[2001年のオールスターゲーム (日本プロ野球)|2001年のオールスターゲーム]]では長嶋率いる[[セントラル・リーグ|セ・リーグ]]、王率いる[[パシフィック・リーグ|パ・リーグ]]が激突した<ref>『巨人軍5000勝の記憶』80ページ、読売新聞社、2007年</ref>(こちらは王率いるパ・リーグが2勝1敗で勝ち越しとなった)。
 
王・長嶋は共に[[国民栄誉賞]]受賞者でもある。また、公式戦デビューの際の相手投手はいずれも[[金田正一]](当時は国鉄に所属)で、デビュー戦では金田相手に長嶋は4打数4三振、王は2打数2三振、といずれも三振を喫している。1965年より金田は巨人に移籍して王・長嶋と共にチームメートになり、前人未到の400勝を達成している。
匿名利用者