「エースアタッカー」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
従来は前衛でレフト側にまわる2名の対角ポジションに入るアウトサイドヒッター(ウイングスパイカー)をエースと呼び、セッターと隣り合わせでローテーションを行う選手を第一エース、その対角の選手を第二エースと呼んだ。第一と第二の区別は、第一エースのほうが攻撃が2名になるローテが一つ多く、負担が高いからである。ちなみに、一般には攻撃力を平均化させるために、第二エースは主力のセンタープレーヤーと隣位置でローテーションを行う。エースアタッカーは両サイドの平行トスや時間差攻撃のセミクイック、バックアタックやハイセット(二段トス)を担当する<ref>{{Cite web |url=http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/3/32580/20141016190853436731/JVAKenkyuHokokushu2011_1.pdf|title=エースアタッカーへのトスに関する研究事例|accessdate=2019-11-15}}</ref>。レシーブが乱れたときの攻撃は、エースアタッカーが担うことになるため、どんな局面においてもスパイクを決められる技術、高く強いスパイクを放つためのパワー、まわりの選手からの厚い信頼がなければエースは務まらない。現在の全日本男子チームでは[[石川祐希]]や[[柳田将洋]]がエースポジションということになる。
 
時代とともに、この「エース」の役割も変化してきた。近年はセッター対角の[[オポジット]]に極めて攻撃力の高い選手が起用されるようになってきたため、[[ミドルブロッカー]]を除く3名のアウトサイドヒッターの区別は必ずしも明確でなくなった。オポジットの選手がチームの主力である場合は、その主力選手を[[スーパーエース]]と呼ぶ場合もある<ref>[http://vbm.link/4092/2/ 最後の、スーパーエース (前編)]</ref>。[[スーパーエース]]が居る場合はその選手が前衛か後衛かを問わず、ライト側から攻撃が多くなるが、このケースではライト側の選手が「エース」となる。すなわち、従来のように、必ずしもレフト側のアウトサイドヒッターが「エース」と呼ばれるわけではない。
 
==センターエース型の戦術==
335

回編集